酒蔵情報をリプライしてくれるアプリ

村祐 夏の生酒。口に含んですーっと染み入りました。夏は清酒がうまい!
向こうに見えるのは冷製夏の茶碗蒸し。夏野菜がたっぷりの出汁が効いた逸品です。トウモロコシの歯触りがアクセント。大岡山の樋川さん。いいお店でした。


さてさて前回までの仮説をおさらいしてみましょう。

 自分が飲んだお酒を記録できると楽しい

酔っぱらうと記録行為が面倒になってしまい続かない

記録行為自体が楽しければ続けられる

お酒の記録をつけるたびに酒蔵情報が飛んでくると楽しい、はず

ということで、酒蔵情報が返ってくると果たして本当に楽しいのかを検証してみました。

■ 用意したもの
Twitterbot

■ 仕様
Twitterで飲んだお酒を記録(Tweet)すると、botがそれを検知して酒蔵情報をリプライしてくれる

こんな感じでキーワード(お酒の名前)を登録してそれに対応する情報をセットで追加していきます。
コンテンツは都道府県名と酒蔵名に加えてお気に入りの連載「24NEWS 日本酒津々浦々」のリンクを入れることにしました。

■ 結果
かなり楽しい

実際にやってみると想像以上に楽しいですね。いまは簡単な情報だけの返信ですが、将来的に蔵元さんの生の声を返すことができれば「作り手と飲み手がつながる」という「日本酒を飲む楽しさ」も実現できます。

ということで、“飲んだお酒を記録すると関連情報を返してくれるアプリ” を第一弾としてリリースすることにしました!

ちなみに、@sakelover2012をフォローするとみなさんもこの楽しさを体験できますよ。今後、反応できるお酒の種類も一気に増やす予定ですので乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です