Android版リリース打ち上げとSakenoteの今後

先日、Android版のリリースお祝いをしました。場所はSakenoteチーム御用達、荏原中延にあるかもすや酒店さんです。日本酒専用の大きな冷蔵庫を備え、お酒への愛情を感じるお店です。蔵元を招いたイベントも頻繁に開催されてるので是非HPもチェックしてみてください。

「乾杯向けのお酒を」のリクエストで出てきたソガペールエフィス。

「乾杯向けのお酒を」のリクエストで出てきたソガペールエフィス。

Android版Sakenoteを超高速で開発してくれた@ruziaは、なんと翌日の健康診断のために禁酒令が出てしまい、最初の一杯をちびちびと愛おしそうに飲んでました。iPhone版の開発者@mah_labはマーケティング担当のSake女将と一緒に、出てくるお酒を全て平らげぺろんぺろんに…  彼はいま、酒造データベースを開発してます。乞うご期待。

そしてこの夜、Sakenoteチームの蔵元(@kuranuki)と杜氏(@dvw_inside)は、今後の方向性についてこんなSakenoteビジョンを設定しました。(”蔵元”と”杜氏”はSakenoteチーム内の呼称で、蔵元=Sakenoteのスポンサー、杜氏=アプリ/マーケ全般を見るヒト、のことです)

Sakenoteビジョン
今後のSakenoteは「日本酒の裾野を広げる」ことに一層注力します。日本酒の美味しさを知らない、もしくは誤解している方達に、本当の日本酒を知ってもらうため、徹底的に日本酒初心者をサポートするサービスであり続けます。Sakenoteのような嗜好品アプリは、ついつい玄人向けのマニアックな作りになりがちですが、日本酒愛飲家”未満”の方たちに対し、日本酒の美味しさ、楽しさを知ってもらうきっかけ作りをITの力で実現します。

杜氏(私)が日本酒に出会ったきっかけ
それは近所のお酒屋さんで偶然買った「神亀」というお酒でした。それまでの日本酒のイメージは、ベタベタして甘ったるい、もしくは、辛いけど味わいがイマイチ、という程度でした。
これが、たまたま日本酒を買う必要があって、たまたま神亀を手に取ったことで、日本酒の本当の美味しさを知ったのでした。ちなみに今ではすっかり日本酒大好き人間になった蔵元は、このSakenoteプロジェクトへの参加自体が日本酒にはまるきっかけになったとのこと。
このように、一度でも美味しいお酒に出会うことができれば、あとは日本酒が本来持っている魅力で日本酒ファンは増えていくのでしょう。

〇杯を一杯に
そんな私たちと同じ想いをもった酒造さん達の活動があります。和醸和楽(わじょうわらく)という団体です。

和醸和楽 全国の著名蔵元と有力酒販店43社が一堂に会し、1杯を2杯に、2杯を3杯にする活動だけでなく「0杯を1杯にする活動」に力を入れて活動していきます。新しい日本酒ファンの開拓をしていきます。(ホームページから)
Sakenoteも和醸和楽の精神に則り「〇を一にする」を合い言葉に、今後も機能アップを図っていきます。

IMG_9489

神亀 ひこ孫 大吟醸。このお酒のおかげで沢山の日本酒に出会えることができました。そして神亀はいつまでも私のスタンダートであり続けると思います。

さてさて、話は戻って、この夜はなんとも嬉しいサプライズがありました。

杜氏の日本酒にはまるきっかけとなった神亀の大吟醸、しかも一升瓶を蔵元がプレゼントしてくれたのです(渋谷のオフィスから一升瓶を抱えてきたらしいw)。

「このお酒がなければSakenoteも生まれなかった。感謝の意味を込めて贈ります。」との言葉ももらいました。うーん、これはかなりの感激!この想いを胸にこれからもがんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です