【Sakteno.tv】Twitterでのメッセージを受け付けます!

こんにちは。Sake女将です。

突然の告知となったSakenote.tvですが「そに☆すた」のリソースを利用しての放映なので、同様にTwitterからのメッセージを受け付けます。

ストリーミングを見ながら「ツッコミ」とか「質問」など、Sakenoteチームに直接投げかけてください。

ところで、誰が映るのだろうか…。

【緊急告知!】12/2 Sakenote.tv放映決定

こんばんわ!Sake女将です。

今ですね、ソニックガーデンのオフィスでマーケティングチーム打合せを(ビール飲みながら)やってる最中なのですが、そこで決まったことを緊急告知します。

12/2の20:30から、Ustream配信で「Sakenote.tv」を放映します!

まだお試しではありますが、日本酒に関するあらゆることを定期的にストリーミング配信していこうという企画です。

その第1回目は「そに☆すた」放映の後、あたかも第二部のように放映します。

内容はですね、これから考えます。

まずは12/2の「そに☆すた」にチャンネルを合わせて、そのままにしておいてくださいね!

写真 2013-11-27 20 39 24

【地域情報】愛媛の地酒アンテナショップ「蔵元屋」に行ってきました

こんにちは。Sake女将です。

先日、社長の講演にお供して愛媛に行ってきたのですが、そこはそれだけで終わらせないのがSakenoteチームなので、事前にリサーチしてターゲットにロックオンして、結果大当たり!という情報をゲットしてきました。

今回お邪魔したのは愛媛県の地酒アンテナショップ「蔵元屋」さんです。

PB080030

ここは、愛媛県内のお酒を集め、とても安く提供することで愛媛県産の日本酒を広めることを目的に運営されています。酒販に関する運営は「横田酒店」さんが実施されているそうです。

とても安く、と書きましたが、どれぐらい安いかというと、一番安いもので1杯100円からありました。1杯はだいたい半合ぐらいになります。

女将は「飲み比べセット」をお願いしたので、三種類がのったお酒です。これで700円!

PB080031

写真を取り忘れてしまったのですが、店内はオールスタンディングというかつまり立ち飲みで、とても落ち着いた雰囲気です。お店のホームページには小さいですけど写真が載っていますので、ぜひご覧ください。

このような角打ちタイプには珍しく、おつまみも非常に充実しています。こちらも100円からあってちょうど良いお酒の肴が抱負です。

蔵元屋さんならではのシステムがスタンプカードによる「愛媛の酒道」です。

PB080032

飲んだお酒の量ではなく、銘柄とお米などの組み合わせでスタンプを押してくれる仕組みになっていて、このスタンプがいっぱいになると「段」がもらえます。1枚で「初段」になれるそうです。
有段者になると、ここに名前を載せてもらえます。

PB080033

ここでの最高位は80枚が必要だそうです。
1枚のカードを埋めるのにおよそ1升のお酒を飲む計算になるそうで、最高位は80升飲んでる計算になります。すごいですね。確か1名いらっしゃいました…。
ちなみに、このカードは個人だけではなく、チームで1枚を埋めてもよいそうで、いくつかチーム名の札もありました。Sakenoteチームも頑張ってみたのですが、カードの半分ぐらいしか埋められませんでした。またうかがって、ぜひSakenoteの名前を載せていただきたいと思います!
(Sakenoteチームの戦績)
写真 2013-11-27 16 45 11

愛媛には「しずく媛」という酒用のお米があり、これを使ったお酒が多くの酒造から販売されています。蔵元屋さんでもほとんどの銘柄を揃えているようです。その他にも他県ではなかなか飲めない、地元ならではのお酒もたくさんありますので、愛媛にいらっしゃる際にはぜひお立ち寄りを。

【映画】「一献の系譜−能登杜氏の営み−」クラウドファンディングのお知らせ

こんにちは。Sake女将です。

Facebookのとあるページで知った「一献の系譜−能登杜氏の営み−」という映画製作のプロジェクトが、クラウドファンディングで資金を集めているとのことです。
ホームページには、プロジェクトのみなさんの映画にかける熱い想いがたくさん詰まっています。

支援募集ページはこちら。

締め切りまであと3日で、目標達成まであと少しとのこと。

日本酒に関する映画ができれば、今まで日本酒をあまり飲まなかったり、知らなかったりする人たちにも興味を持ってもらえるのではないかと思います。これはSakenoteが目指す「0から1へ」の想いにも大いに通じることになると考え、微力ながら告知のお手伝いをさせていただきます。

1,000円から支援ができるそうなので、日本酒ファンのみなさま、ぜひご検討ください。

いい映画ができることを楽しみにしています。

【新機能】「みんなのライブ」を追加しました!

みなさまこんにちは。Sake女将です。
リリースしてからお知らせするのが大変遅くなってしまいましたが、Ver2.0.0にて「みんなのライブ」を追加しました。今回はこの機能の内容と、基本の使い方について説明します。

<機能>
みんなのライブは、Sakenoteのユーザーさんが登録した「マイ酒リスト」のデータを他のユーザーさんに公開するという機能です。他のユーザーさんがどんなお酒を飲んでいるのか、どんな感想なのかをこのリストから知る事ができます。

写真 2013-11-22 16 42 27

<ユーザー登録が必要です>
最初にみんなのライブに投稿するオプションを選択した時にユーザー登録が必要となります。ユーザー登録に使用するメールアドレスは、はなるべくアプリがインストールされているスマートフォンで閲覧することのできるものを使用してください。登録したメールアドレス宛に、認証に必要な情報を送信します。
認証用のデータ(4桁の数字)はユーザー登録の最後の手順で入力を求められます。ここにデータを入力して、サーバー側とデータが一致したらみんなのライブへの投稿が可能になります。

<みんなのライブへの投稿>
「マイ酒リスト」にお酒を登録する際、「みんなのライブに投稿する」のオプションをオンにした状態で登録すると、マイ酒リストの登録と同時に「みんなのライブ」にも登録されます。
マイ酒リストへの登録時にこのオプションをオフにしていても、マイ酒リストの編集機能で「オン」にすることで後からみんなのライブに投稿することもできます。

写真 2013-11-22 17 28 11

<みんなのライブからデータを削除する>
みんなのライブリストから、削除したいデータを選択します。データ詳細を表示する画面に「取り消す」が表示されますのでそこを押してください。(下写真参照)
メッセージが表示されて「OK」を押すと、そのデータがライブから削除されます。ライブからデータが削除されても、マイ酒リストのデータは残ります。
データ詳細で取り消すが表示されるのは、自分が登録したデータのみです。

写真 2013-11-22 17 21 45

<現バージョンの制限事項>
現在はライブリストの件数が25件までしか表示されないようになっております。件数については今後改善する予定です。

開発スタッフもリリースまでにテストしながらいろいろ使っていたのですが、リリースしてからユーザーさんのリストを見るのが本当に楽しく、既に使っていただいているユーザーさんからのフィードバックも多いので、自分たちの想定以上に意義のある機能になったように感じています。今後はみんなのライブを介して、ユーザーさん同士が繋がりを作れるアプリを改善していく予定です。

今後ともSakenoteをよろしくお願い申し上げます。

【イベント】Joy of Sake東京に出展しました!

大変遅れてしまいました。11月7日開催の「Joy of Sake東京」の出展レポートです。

写真 2013-11-07 17 42 12

当日の会場は18時からで、我々スタッフはその1時間前から準備に入りました。
他にお酒を囲むようにレストランのブースが出るのですが、そちらはもちろんもっと早い時間から準備をされておりました。
わたしたちが会場入りした頃には、お酒のスタンバイもほとんど終わってました。

写真 2013-11-07 17 18 54

写真 2013-11-07 17 19 19

Sakenoteの日本酒イベントへの出展は2度目で、前回の気づきを踏まえたチャレンジをしてみました。

まずはサポートスタッフを募集してお手伝いいただいたこと。ブログやFacebookを介して募集しましたところ、今回は2名の方にお手伝いいただきました。準備段階から入っていただき、写真手前のモニタで表示しているスライドの作成や、この記事後半に掲載しているイベントの感想を書いていただくなどお願いいたしました。

写真 2013-11-07 17 20 35

左:あまのりょーさん 右:こーぞーさん

おふたりともお手伝いありがとうございました。

今後もSakenoteを応援していただいているユーザー様に「サポーター」として参加していただき、Sakenoteというコミュニティを作っていきたいと考えております。こちらについてはまた後日詳細をお知らせいたします。

以下は、今回のサポートスタッフこーぞーさんからの、イベント参加について書いていただいたレポートです。

———————————————-
<sakenoteブース出展>
11/7(木)に「ジョイ オブ サケ」http://www.joyofsake.jp/ が行われました。そこにsakenoteはスポンサーとして出展しました。
俺はそのsakenoteブースの出展のお手伝いとして参加しました。事前の準備からお手伝いさせていただき、俺は直接担当していませんがスライドショーを作成したり、バージョンアップ用のテストを行ったりして、当日に臨みました。

当日は一時間くらい前に会場に入って設営して開場を待ってました。
そして会は始まり、まずは表彰式が行われ、その後出席者は試飲するため会場内に三々五々散らばり始めました。ここからが我々の営業タイムです。まずはちょっと目が合った人に「飲んだ日本酒を忘れないためのアプリを紹介しております」と声をかける。そこでちょっとでも興味がありそうな人には畳みかけ、「飲んだお酒忘れちゃいますよね?」「美味しかったお酒の銘柄覚えていますか?」「飲んだお酒を忘れないために記録できるんですよ」等々営業トークをして、PR及び会員勧誘を行いました。話しかけてみて「あ、もう使ってます」って言う人も数名はいました。中にはヘビーユーザーもいて嬉しかったです。

説明をして「お、いいね~」と言ってその場でインストールしていた方も10人くらいいたのですが、電波が悪いせいかほとんどの方がなかなかうまく行かず後でやってみます、と言う方が多かったのは残念でした。その場で簡単にインストール出来ればもっとDL数は伸びたのでないかと思います。

イベントに参加してみてsakenoteのプロモーション以外で気付いたことは、女性が多かったこと。約半数が女性であった気がする。日本酒の会でしかも参加費8000円ということで会社の役員とかおじさまが多いのかと勝手に思っておりましたが、意外や意外女性が多かったのには驚きました。日本酒も最近は多くの女性に飲まれるようになって幸せだな~っと思います。
———————————————-

もうひとつのチャレンジは「ポスター」の作成。バタバタと作って、試し刷りもないまま当日を迎えてしまったのですが、その割に完成度はなかなかじゃないかという出来です。今はソニックガーデンのオフィス入り口に掲示してあるので、お立ち寄りの際はぜひご覧くださいね。

写真 2013-11-07 17 09 55

さて、イベントレポートの続きです。

Joy of Sakeは酒肴が充実していることもイベントの特徴です。
今回は14店舗が出展していました。詳細はJoy of Sakeのホームページでご確認ください。
写真は「重慶飯店」さんの「「Mt. Fuji」紫芋を練り込んだ海老餃子と三元豚を使用した自家製中華ハム」です。

写真 2013-11-07 18 29 02

一般のお客様が入場する前に、各部門の表彰がありました。
今回の結果はこちらになります。

写真 2013-11-07 17 57 14

この広い会場を埋め尽くすお客様が来場され、Sakenoteブースにも100名を越える方にお立ち寄りいただきました。

イベントはあっという間に終了した感じでしたが、また多くのユーザーフィードバックをいただき、これからのアプリ開発やユーザー様がお酒を楽しむ機会を提供できるサービスのアイデアなど、たくさんの収穫がありました。これらがどのように活かされていくか、ご期待ください!

写真 2013-11-07 17 07 41

【MA9】ソニックガーデン賞の発表です!

先ほど、Mashup Awards 9 の受賞作が発表されました。
(全ての結果については後日公式ページをご覧ください。)

さて、ソニックガーデン賞ですが。

「さけ脳トレ」に決定いたしました!

middle_ma9Sakeyomi

このアプリは、webで利用可能なのでPCのブラウザでも使えますが、表示としてはスマートフォンに最適化されています。

以下は選出理由です。

sakenoteのAPIを利用してとても楽しいアプリを仕上げていただけました。日本酒の魅力をより沢山の人に広げるというsakenoteのミッションである「ITの力で日本酒を盛り上げる」にピッタリだと思います。sakenoteチームとのコラボも含めて一緒に日本酒を盛り上げましょう!

今回、受賞者の「ショコシス」様は、ソニックガーデン賞の副賞である「特製酒樽」を楽しみにしていただいていたのですが、おふたりとも海外在住のため授賞式には出席できないとのことで、授賞式の写真が残せませんでした。ぜひ、後日受け取られたおふたりの写真を掲載したいです。

この受賞を記念したショコシス様のイベント「第一回 ショコシス祭り」が開催されているそうです。
(「特別企画その1」を、ぜひyouRoomでお願いしたい…)

ユーザーのみなさま、Sakenoteと一緒に、さけ脳トレも楽しんでくださいね!