広島の日本酒居酒屋事情

こんにちは、Toujiです。IPhone_5 copy Sakenoteアプリに「日本酒居酒屋」というメニューがあるのはご存じですか?

これは、全国のSakenoteユーザさんから頂いた「日本酒飲むならここっ!」という推薦店がリストされた厳選居酒屋情報なのです。

新規開拓はもちろん、旅先や出張でお店選びに迷ったときはぜひぜひ参考にしてくださいね。

「日本酒好きによる日本酒好きのためのお店」はまだまだ募集中です!Sakenoteアプリの居酒屋メニュー(右上の投稿ボタン)から応募お待ちしています!

ということで、本日は皆さんの情報から広島地区のお店を集めてみました。酒どころの広島なので、まだまだきっとあるはず!広島の皆さん、ぜひタレコミをくださ〜い!


場所:胡町
店名:広島酒呑童子
推薦コメント:広島の地酒にとどまらず、全国の有銘柄の地酒が安価に提供されています。
住所:広島県広島市中区大手町1-4-25
食べログ  Facebook

場所:胡町
店名:広島大衆蔵酒場 あらし
推薦コメント:季節の地酒があり、料理も旨い
住所:広島県広島市中区堀川町2-3
食べログ  Facebook

場所:広島
店名:ダマヤ
推薦コメント:酒商山田がプロデュースしてるみたい。
      :料理が上手い。
住所:広島県広島市南区松原町2−37 広島駅ビルASSE2F
食べログ

場所:銀山町
店名:広島地酒 夜ふかし処 ちょこっと屋
推薦コメント:広島の地酒を100種以上常備してる。好みを言えば、おすすめのものを用意してくれるのが◎
住所:広島県広島市中区銀山町12-26
食べログ

場所:八丁堀
店名:
推薦コメント:熱燗のお酒が素晴らしい〜(・∀・)
住所:広島県広島市中区堀川町4-4 右近ビル2F
食べログ  Facebook

場所:竹原
店名:伏見小料理店
推薦コメント:長期冷蔵保存された無濾過生原酒がたくさんある。
住所:広島県竹原市中央2-4-8
食べログ

場所:呉
店名:おでんの迷亭
推薦コメント:素材の味にこだわった店主渾身のおでん。 酒は、全国の主に辛口のお酒を取り揃えています。
住所:広島県呉市本通4-1-3
食べログ  Facebook

【ユーザー投稿】京都「にしむら酒店」レポート

こんにちは! Sake女将です。

日本酒の日イベントからの第2弾「ユーザー投稿」をお送りします。
同じユーザーさんの投稿ですが、どうぞお楽しみください。

また、Sakenoteでは“我こそは!”と腕に覚えのあるユーザーさまからの投稿をお待ちしておりますので、ご希望の方はinfo(アット)sakenote.comまでご連絡ください!

では、どうぞっっっ!

——————————————————–

こんにちは、あまのりょーと言います。
昨年の10/1日本酒の日のイベントレポートに続き、2回目のblog投稿です。

普段は関東に住んでいる私ですが、暮れも押し迫った2013年12月の中頃に関西に出張する機会がありました。出張は奈良だったのですが、どうせなら、と休暇を使って前日に京都に行ってまいりました。

実は私は学生時代を中心に 7年ほど京都に住んでいた時期がありまして、後半の3年ほどは左京区の「にしむら酒店」さんでアルバイトをしておりました。(まだ20世紀だった頃の話です)

「にしむら酒店」は当時から日本酒やワイン、焼酎に力をいれていた酒屋さんで、私が日本酒に目覚めるきっかけにもなったお店です。(にしむら酒店で最初に黒龍の純米吟醸をいただいた時は衝撃でした!)

そんなわけで、今回は久しぶりにお店に顔を出しましたのでレポートいたします。
なお、来訪時はこのblogに書こうと思って行ってないので、お店の外観や店のスタッフの皆さんとの画像は残念ながら撮っておらず載せられません、ごめんなさい。

店に到着すると懐かしい顔がさっそく。店主(店のスタッフからは「大将」って呼ばれていたので以降は敬愛の念を込めて大将って書きますね)の奥様が変わらぬ素敵さでレジまわりにいらっしゃいました。

その後大将も来て挨拶をしたあと、店のリーチイン冷蔵庫の前でひとしきり大将おススメのお酒をいろいろ教えていただきました。蔵のちょっとした裏話なんかも聞けて面白かったです。

リーチ1
リーチイン冷蔵庫の一部。ちかごろ関東でも人気が高い「風の森」がしぼり華から笊籬採りまでズラリと揃ってます

大将おススメ1
大将オススメの一つ「雪の茅舎」の秘伝山廃。雪の茅舎は大将が見学に行った蔵の中でもとりわけ設備とポリシーが素晴らしかったそうです

私が働いていた頃にはなかったのですが、店内からお客さんも入ることが出来る氷温庫が!もちろん入りました。-3℃で主に熟成系のお酒がズラリと並んでいます。私もこの中から平成8年醸造(17年前!) の黒龍 本醸造垂れ口を買って今月飲むつもりです:-)

氷温庫入り口
氷温庫内
H8本垂れ

この後は店のバックヤードの事務所で奥様から通販取引の苦労話などを聞いたり、歴代スタッフの消息について話したりと楽しい時間を過ごしました。みなさん、通販でお酒買う時も、その後ろには人がいて丹念にきめ細かく対応してくれていることをお手軽さにかまけて忘れないようにしましょう〜

にしむら酒店、お店の大将自身がなにより日本酒とその文化を愛し、積極的に蔵見学に行ったり、酒蔵体験や利き酒会などのイベントを開催しながらお酒のことを広めていこうとしているステキな酒屋さんですので、京都に行った折にはぜひとも足を運んでみてください! (有名な観光地だと、銀閣寺や哲学の道のほど近くです)

★データ
にしむら酒店
左京区北白川久保田町3

http://nishimura-saketen.com/

【動画】醸し人九平次

こんにちは! Sake女将です。

今週は全国で一段と寒くなるようですね。みなさん体調には十分注意してくださいね。

三連休は美味しい日本酒楽しまれましたか?またすぐにお酒が飲みたくなってしまうような動画を今日はご紹介します。

醸し人九平次

これは蔵元で製作され、Youtubeにアップされているものです。動画だけでなく、九平次さんはホームページもラベルもお洒落です。一度蔵元の久野さんにお会いしたことがあるのですが、びっくりするぐらいダンディな方で。蔵が志すものを体現しているような方でした。

酒米・山田錦の不足が問題となる中、九平次さんの若い蔵人さんが黒田庄で地元農家の方と協力し、自ら山田錦の栽培に取り組んでいます。その様子はFacebookで公開されていますので、ぜひご覧ください。

平成二十六年甲午二月四日 立春朝搾り(日本名門酒会さんより)

こんばんわ! Sake女将です。

毎日寒いですねー。熱燗、飲んでますか?

こう寒いと、早く暖かくならないものかと日々思いますが、あと1ヶ月もすれば立春ですよ!

立春とは旧暦では新年を示すので、とてもおめでたい日なのですね。昔から立春には様々な行事がおこなわれていますが、日本名門酒会さんでもこの立春に特別なお酒をご紹介されています。

平成二十六年甲午二月四日 立春朝搾り

日本名門酒会さんに加盟する蔵で、その日の朝に搾ったお酒を販売するそうです。なんかワクワクしますね!
予約は1月26日までとのことです。お求めはお早めに!!

【リリース情報】「お知らせ」の機能を追加しました!

こんにちは! Sake女将です。

今日が仕事始めという方も多いのでは?
明るいスタートになるよう、はりきってまいりましょう!

Sakenoteも新年早々、新バージョンのリリースです。

今回は銘柄および居酒屋情報の追加の他、新機能の追加をしました。
Sakenoteチームからアプリに対して「お知らせ」を送信する機能です!

これまで、新リリースをはじめとしたアプリ関連の情報は、このブログを中心に行ってきましたが、ブログの更新をアプリに通知できなかったので、お知らせが十分にお伝えできていませんでした。

今後はこの「お知らせ」を使って、アプリに関する重要な事項はユーザーのみなさんに積極的にお知らせしてまいります。忘れずにチェックしてくださいね!

ブログでのお知らせは、アプリに記載しきれなかった詳細内容を載せることもありますので、引き続きこちらもチェックしてみてください。

初詣にお勧めの情報

あけましておめでとうございます! Sake女将です。

東京地方は穏やかな気候の元日でしたが、みなさんがお住まいの地域はどんなお正月をお迎えですか?

元日、最初に行く「初詣」は地元の氏神様をお参りするのが正しい作法とのこと。もう行かれましたか?
その後は自分が頂きたいご利益とか、ご縁のある神社仏閣へお参りすればよいらしいです。そこで、日本酒好きのみなさんのご参考になればよいかと思うWebページをご紹介します。

聖地巡盃

東北地方の5地域について、各地の神社とその地域の酒造を巡る旅、そして宿でのお料理と日本酒のマリアージュを紹介しています。
今の季節は寒さが厳しい地域ばかりですが、お近くの方はお参りされてみてはいかがでしょうか?
過ごしやすい季節になったら、ここで紹介されているツアーで各地を訪れてみたいものですね。

次は最近よくお目にかかる「まとめサイト」です。

お酒の神様がいる神社まとめ

お酒の神様は、日本に少なくとも7社はあるのですね!その総社的存在である京都の「松尾大社」は、先日このブログでもご紹介しています。

この他にもお酒にまつわる神社仏閣がありましたら、ぜひお知らせください。

みなさま、健康で美味しくお酒が飲めるよう、お正月だからといって飲み過ぎないようにしてくださいね!
今年もSakenoteをよろしくお願いいたします!