【MA9】ショコラシスターズさんにインタビューしました!

こんにちは! Sake女将です。

「怒濤の3万ダウンロード記念週間!」第3弾です!

ものすごーーーく遅くなってしまいました。Mashup Awards9にて、SakenoteAPIを活用したWebアプリ「さけ脳トレ」を作ってくださった「ショコラシスターズ」さんのインタビュー記事です。このさけ脳トレにソニックガーデン賞を授与させていただいたのですが、このアプリについて作者としての思いをお聞きしました。

ショコラシスターズさん(以下ショコシス)について紹介しますと…。
ショコシスさんは、ニュージーランドとドイツにそれぞれお住まいの女性2名によるユニットで、シスターズといっても血縁関係はないそうです。ネットを介してお知り合いになったおふたりは、このインタビューを実施した昨年秋の時点で、リアルに会ったことはないそうで!何とも今時な「繫がり方」を感じますね。

cc_banner

このロゴの由来もお聞きしました。

Chocosisロゴの最初のoは、白い顔が下向きになっていますが、これは、ホワイトチョコ好きで南半球に住む姉を表し(私はこの丸を姉丸と呼んでいます)、二番目のoの上向きな黒い顔は、ダークチョコ好きで北半球に住む妹(妹丸)を表しています。色には、チョコの種類だけでなく、姉の住むニュージーランドが昼の間、妹の住むドイツは夜という意味も含んでいます。丸が微妙に傾いているのも、地球を表現しているからです。

可愛いなかにも、なんというこだわり!!

今回のインタビューはSkypeを使って、ニュージーランドにお住まいのショコシス姉さんと女将の対談になりました。海外から見た日本酒の実状と今後へのアイデアなど、たくさんのお話をさせていただきました。
とてもお話が上手で、しかも楽しいショコシス姉さんなので、どちらかというと女将がインタビューされることのほうが多かったように思います。対談の最初も「なぜSake女将になったのか?」という逆質問から始まりました!(笑)
お話の全部はとても記事にしきれない量なので、今回は本当に残念ですが、ほんの一部のご紹介となっております。

ちなみに、今回の対談にはご同席いただけなかったショコシス妹さんは、もともとドイツでプロのダンサーをされていて、現在ではWebデザイナーとしてご活躍。どちらもユニークな経歴の持ち主です。

お二人の活動については、こちらのブログやFacebookをご覧ください。
ブログ:ショコラシスターズのスイートビターなWebコラボ
Facebook:ショコラシスターズFacebook

cc_ss

Twitterでは「本日のこんなん出ました〜」にて毎日酒造さんの情報をTweetされています。日本酒好きの方はMust Followです!

<ショコシス姉さんの経歴>
今回インタビューに答えていただいたショコシス姉さんのとても興味深い経歴についてお聞きしました。

Q:ショコシス姉さんはいつからニュージーランドにお住まいなのですか?

A:20年ほど前からになります。

Q:最初からニュージーランドでITの仕事をしていたのですか?

A:最初は旅行関係の仕事をしていました。日本で旅行会社に務めていて、ワーキングホリデーでニュージーランドに来たのがきっかけです。

Q:そこからITに転向したきっかけは?

A:2000年にある日突然「この先はどの業界にいてもインターネットだ!」と、学校を急いで探して、これから開講するところで1席だけ空いているところを見つけて。その頃住んでいた場所からは遠かったので、すぐに荷物をまとめて引っ越しました。

ーここから、さけ脳トレの話からは大きく外れましたが、ニュージーランドと日本における仕事に対する考え方の差とか、仕事でチャレンジする姿勢についてなど、熱く語り合いました。

cc_NZ

<『さけ脳トレ』を作った経緯について>
Q:さけ脳トレを作るにあたって、どのようにアイデアを出していったのですか?

A:まずは、今回もう締め切りが迫った段階で、だから、初めは応募する気はなかったんです。でも、今年はどんなアプリが並んでいるのかなとのぞきに行ったら、ふっと目について「あ、お酒のデータベースがある」というので。とにかく「じゃあ、なんか作ろう」ということで盛り上がって。
一番始めに思ったのは、結局はデータが取り出せるわけだから、それを自動的にネット販売されているような楽天さんとかと結び付けて、見つけたお酒がすぐにオーダーできるというのが一般かなと思ったけど、それではちょっと面白くないなというので。
何か違うこと、全然そういう販売とかとは全く関係ない何かをしようとことになって、思いついたのがクイズだったんです。

ーなるほど。まずは普通に考えられるアイデアを出したうえで「それが面白いか」という自分たちの価値観フィルタをかけたところに、さけ脳トレ誕生のきっかけがあったのですね。

クイズの中身に関するアイデアは自分の経験です。日本に行ったときにメニューを見てもお酒の読み方、読み仮名が書いていないときがあって。最近、日本に行くたびに日本語が読めなくて恥ずかしい思いをするようになってきているので(笑)。漢字が読めないこともある。日本酒の読み仮名を当てるというのがいいかもしれないと思いついて、そのベースができたんですけれど。
そのベースができたあとに、結局は読み仮名を当てるだけじゃなくって、もっとお酒について興味を持ってもらったりしてもらおうというので、都道府県をどこどこ県からというので、見たときにその県と結び付けて覚えてもらえれば。初めは本当に広島県のお酒だけにしようかなと思っていたんですけれど(笑)。

cc_taru

もっともっと、ショコシスさんたちのお話をご紹介したかったのですが、やはり紙面の関係もあり相当省略させていただきました。実はSakenoteでは、さけ脳トレを初めSakenoteAPIをご利用いただいている多くのプログラマさんたちを集めてMeet Up開催を計画しています。それもショコシスさんがおふたりで一時帰国される予定に合わせて春ぐらいに。この続編はまたその機会にお送りできるかもしれません。乞うご期待!(実現できなかったらごめんなさい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>