Jazzとフルートと日本酒と。

こんにちは!Sake女将です。

もう「暑い!」とか、聞き飽きました?そうですよね。わたしも書き飽きました! \ (^o^)/

2015-08-05 20.50.24

先日、Sakenoteのbotがリツイートしたこれ、ご存知ですか?

https://twitter.com/kojinori/status/628157653814939648

Jazzフルート奏者である小島のり子さんのツイートなんですが、これ見て「何ぞ?!」と思った女将はですね、早速8月5日のライブに行ってきました!

小島のり子:ホームページ ブログ

 

11796215_855730597813826_3834130804640555399_n

今回のライブは6月に発売したアルバム「anyway」収録曲を中心にした内容で、その1曲目である「Looking Up To The Sky」は愛媛の協和酒造「初雪盃」の味わいをイメージした曲なので、この日のライブでは初雪盃を飲みながら演奏を聴けるという、Jazzと日本酒が好きな人にはなんとも贅沢な内容となっておりました!

ライブの構成は小島さんのフルートを中心に、ギターとウッドベースのトリオでした。

0805blog1

この日は、千歳烏山のTUBOというライブハウスにて。お客さんの多くは常連さんのようで、ライブの前後で小島さんと親しげにお話されている様子が多く見られました。小島さんもとても気さくな方で、わたしは開演より相当前に会場へ到着したのですが、すぐに女将とわかっていただけたらしく、すぐに優しい笑顔でお声掛けいただきました。

ライブハウスは通常、入場時にミュージックチャージを入り口で支払って、好きな場所に座って演奏が始まるのをお酒やおつまみをいただきながら待つのです。チャージの他に1ドリンク注文するのがだいたいの決まりなのですが、ここではもちろん「初雪盃」をオーダーされるかたばっかりです!(女将、暑かったので生ビールから…。)

女将もちょっと音楽かじるんですが、ジャズはトリオのインストゥルメンタルが一番好きです。最小限の編成で表現できる幅が本当に広いなーと感じるのがトリオだと思うのです。人数が多くなれば音も厚くなるのは当たり前なんですが、そこを少人数でいろんな音を作り出すトリオって面白いなーと、いつも思います。

でもフルートでのトリオを生で聴くのは初めてだったので、とても新鮮な感じでした!

ライブ後に小島さんからお話を聴いて一番印象に残っているのが

管楽器は呼吸を音楽にするので、お酒をイメージした曲を演奏すると、不思議と口の中でその味わいが甦ってんですよね。演奏中なのに。

もちろん、演奏の最中にお酒を飲むことはないそうですけど、曲のイメージから味わいが再現されるって、素敵ですよね!

2015-08-05 22.09.19

 

小島さんは今までに27曲もの日本酒をイメージした曲を作っていて、アルバムも発売されています。

それぞれのアルバムにどんな曲が収録されているかはリンク先から見ていただくとして、みなさんが気になる「日本酒の曲」について、それぞれ書いておきますね!

 

Looking Up To The Sky /初雪盃(はつゆきはい)純米吟醸、生原酒
A Daydreamer/菊石(きくいし)純米酒、夢ゆたか
Brilliant Waterfall/岩の蔵(いわのくら)純米吟醸
Kagiroi/春鹿(はるしか)純米、超辛口

 

Snow Notes/雪譜 純米
Since We Met/國の寿 特別純米
A Little Cascade/越乃景虎-名水仕込 特別純米
Blues In The Sky/浦霞 純米
Primaveral/阿櫻 純米吟醸-秋田酵母No.12
Not To Worry/田酒 特別純米
The Cool Kite/加賀鳶 純米吟醸
October The First/開運-呑み切り一番 特別純米

(このアルバムはiTunesでも購入可能です。 こちら

 

このアルバムは、銘柄名がそのまま曲のタイトルになっているものがほとんどです!

獺祭 磨き三割九分
開運 特別純米
月の井 純米吟醸無濾過
ほととぎす|大七 純米生
藤のかげ(月不見の池をイメージしていると、小島さんから直接お聞きしました。)
七田 純米無濾過
温羅 無濾過生原酒
鶴齢 純米吟醸

 

このアルバムから銘柄を見つけられなかったのですが、ご紹介だけしておきます。

また小島さんにお話を聞けたら、このアルバムの中に日本酒と関連する曲があるか聞いておきますね!

 

オッターズ・フェスト

こちらは獺祭という銘柄名からだけイメージして作った曲だそうで、その後は飲んだ印象を曲にしているとのことでした。

獺祭さんとの面白いエピソードもお聞きしてきました。

日本酒の銘柄をイメージした曲をアルバムにするなら、その蔵に許可を得たほうがいいということで、出羽桜酒造と獺祭の旭酒造へ許可をいただく連絡をしたそうです。それぞれ快くお許しいただいたそうです。

それからしばらくしてとあるライブのとき、スタッフから「今日は山口からわざわざ来場されたお客様がいますよ」と言われたので、小島さんがご挨拶に行って「今日は山口のお酒の獺祭をイメージした曲もやるんですよ!」と、そのお客様に言ったら「その旭酒造から来ました。」と、そのお客様。名刺交換したらなんと、桜井社長だったとか!

ライブ終了後でまだテンションが通常に戻らない状態で、いろいろとお話をお聞かせいただいたのですが、まだまだお話したいことがたくさんあって、今度はゆっくりとお酒を飲みながらお酒のお話をしましょう!とお約束して帰ってまいりました。

小島さんの日本酒をフューチャーしたライブは、まだ以下の予定で開催されます。(8月4日現在の情報)

8/25(火)錦糸町・EARLY BIRD 03-5608-1083
¥3,000(1dr付)8:00~田口悌治(g)澁谷盛良(b)CD発売記念ライブ
墨田区錦糸2-3-9 アライビル301
http://e-birdmusic.com/index.html
未定ですが、菊石酒造の「夢ゆたか」を楽しんでいただこうかと思っています。

8/27(木)三軒茶屋・Whisper 03-5787-5794
http://whisper.co.jp/whisper/
小島のり子カルテット-田口悌治(g)澁谷盛良(b)小泉高之(d)CD発売記念ライブ
チャージ2,800(TC500+Mチャージ2,300)または、CD1枚付きのチャージ4,300(お得です!!) 7:30〜
この日は「春鹿超辛純米」をを楽しんでいただけます。

他にもライブ予定はありますので、小島さんのホームページもしくはブログでご確認ください。

いかがですか?Jazzと日本酒を楽しむ夏の夜、なんてのは。女将、25日もライブ出没予定です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>