【告知】Sakenoteが新しくなります!(予定)

こんばんわ! Sake女将です。

今日は日本酒の日ですね!例年は乃木神社の日本酒の会に行く女将ですが、今年は開催日が異なるので行っておりません。そして、この記事を何としてでも日本酒の日にリリースしたく、残り2時間ぐらいになった今、必死に書いております!

さて、今回はタイトルの通り、Sakenoteが刷新される内容の事前告知をいたします。

※今回の告知内容は、開発途中に変更される可能性もございます。引き続き今後の告知も併せてご理解ください。

 

機種交換でデータが引き継げます

まず何と言ってもみなさんに喜んでいただけるであろう新規機能は、機種交換してもデータを簡単に引き継げるようになることです!
何度も多くのユーザー様からお問合せいただいていたのですが、「マイ酒」のデータはこれまで端末に残していたため、iPhone間では引き継げたのですがAndroidでは引き継げないという難点がありました。

新しくなるSakenoteでは、データはすべて開発側が管理しているサーバーに保存されます。これは、現在の機能でいうところの「みんなのライブ」と同じところにデータが保存されるようになるからです。つまり、仕組みとしては既に確立しているものなので、ユーザー様には安心して使っていただけると思います。

また、現在のSakenoteから新しいSakenoteにバージョンアップをしていただければ、現在のマイ酒データをすべて引き継げるように開発を進めています。

 

React Nativeの採用

次期Sakenoteでは、Facebookが提供している最新のモバイル技術であるReact Nativeを採用します。
アプリを利用する上でユーザー様にはあまり違いを感じることはないと思いますが、この技術を利用することで開発が従来よりも大幅に効率化できるようになります。特に、簡単な改変があった時に毎回ストアへ最新アプリを更新することなく、ユーザー様へ最新の状態をご提供できるようになります。詳しくは、新しいSakenoteがリリースされた時に詳しくレポートいたします。

 

先行してiPhone版を年内にリリースします

現在、エンジニアチームは年内リリースを目指して鋭意開発中です!昨日も社内ハッカソンにてかなり進んでおります。また、Android版についても続けてリリースを予定しております。若干遅くはなりますが、前述のReact Nativeを利用することで開発効率が大きく向上するため、これまでの2機種開発スケジュールよりも時間を短縮して進められるようになるため、あまりお待たせせずにリリースできる予定です。

 

いかがでしょうか?新しくなるSakenoteへの期待が深まっていただけましたでしょうか?

ではここで、ブログ読者のみなさまにだけ、新しいSakenoteの画面をチラ見させていただきます!!

IMG_6034

どうですか!!あんまり変わらないでしょう?!いや、ちょっとシュッとさせました!

【イベント】Sake女将がおでん女将になります!

こんばんわ! Sake女将です!

いわゆる典型的な三寒四温の気候で、春の訪れを感じるようになりましたね。東京の桜も開花し、日本全国では半分ぐらいがお花見シーズン突入というところでしょうか。浮かれて飲み過ぎないように注意してくださいね!

 

さて、タイトルにあります通り、Sake女将が「おでん女将」になりますよ!

 

来る4月4日(月)に、いつもお世話になっております「かもすや酒店 荏原中延店」にて、女将が仕込んだおでんをメニューとしてご提供いたします。

もちろん、当日のおでんサーブも女将がやります!

 

実は、過去に2回ほど身内だけにおでんを提供し、試験運用しておりました。この度、店長からお許しをいただいたのでお店にいらっしゃったお客様のオーダーがあれば、ご提供することとなりました!

oden

写真は2回目の試験運用です。お客様は25人ぐらいいらっしゃいましたが、みなさんで全部食べていただきました!

 

金額等はまだ決まっておりませんが、さほど高いものではございません。

美味しいお酒とおでんで、身も心も温まっていきませんか?

かもすやさんは人気店のため、ご予約されることをお勧めします。

 

ちなみに、100銘柄以上登録されているSakenoteユーザーのお客様にはおでん1品サービスいたします!女将にSakenoteの画面を見せてくださいね!

【銘柄審議委員会】新規登録酒造/銘柄はこれだ!

1edbaeb5d3e346b337166233918fdcb9_s

 

こんにちは! Sake女将です。

去る2月17日に開催しました「第2回銘柄審議会」において、以下の酒造様と銘柄をSakenoteデータベースへ追加することを決定いたしました!

<新規登録酒造>
横関酒造(よこぜきしゅぞう)

<新規登録銘柄>
北斗随想(ほくとずいそう)
駿洲中屋(すんしゅうなかや)
古都の雫(ことのしずく)
流霞(ながれかすみ)
咲耶美(さくやび)
天仁(あまに)

投稿いただいたみなさま、ありがとうございました!

今後、採用された登録要望をお送りいただいたユーザー様に、Sakenoteから感謝を込めてノベルティグッズを進呈する予定です。

ユーザーのみなさまあってのSakenoteですので、今後とも奮って登録要望をお送りください。お待ちしております!

2015年 一番人気だった日本酒はこれだ!

酒ライブを眺めながら一杯やるのが趣味のTouji(@Sakenote2012)です。

今飲まれている酒が分かる魅惑の酒ライブ

「今」飲まれている日本酒が分かる魅惑の酒ライブ

2015年、皆さんの日本酒生活はいかがでしたか?

今年も沢山の日本酒銘柄がSakenoteに登録されたわけですが、せっかくなので、

日本全国からSakenoteへ日々寄せられる「このお酒美味しかったよ!」の声を集計してみました。

年末スペシャル企画、題して、

『2015年 一番人気だった日本酒はこれだ! 第一回Sakenoteアワード!』

を開催いたします!パチパチパチ。

それではさっそくいってみましょう!

皆さんも、予想しながら読んでみてくださいね。

 

【銘柄部門】

Sakenoteに投稿された最多銘柄を第三位からご紹介します。

第3位 獺祭

年間投稿総数590件。いきなり来ました!昨今の日本酒ブームに火を点けたとも言える「獺祭」。

磨いてますっ!

磨いてますっ!

蔵元は山口県の旭酒造さんです。 ファーストクラスでの採用など、日本酒を世界に拡げるユニークなマーケティングへの注目度も高いです。

酒造りへのこだわりはこちらをごらんあれ。洗米は全て手で行われているですね。

 

そして第2位は...

 

第2位 鍋島

年間投稿総数665件。佐賀県は富久千代酒造の鍋島!幅広く人気を集め堂々の第2位でした。

Tシャツにして欲しいぐらいの粋なラベルデザイン達

Tシャツにして欲しいぐらいの粋なラベルデザイン達

ライブを眺めていても頻繁に鮮やかなラベルを目にします。

鍋島ブランドの誕生は1998年とまだ若いのに、幾多の賞を獲得している若手杜氏が有名です。

味はもちろん思わず記録したくなるラベルもポイントが高いです。(過去記事:かっこいいラベルの撮り方

 

そしてそして、2015年 Sakenote一番人気銘柄、栄えある第一位は!

ジャジャジャジャーン♪(ドラムロールのつもり)

 

年間投票総数1,156件

 

第一位 新政

 

日本酒界における新進気鋭の新政(秋田県)が第一回Sakenoteアワードを獲得しましたっ!

おめでとうございます!!!

2位以下を大きく引き離す1,156件もの投稿数を記録。大人気でした。

2015年 一番人気!

2015年 一番人気!

新政酒造(秋田県)は、東大卒の8代目によって普通酒主体の酒蔵から純米造りの蔵へと大きくその姿を変えた。協会六号酵母の発祥蔵でもある新政のNo.6シリーズやCOLORSなど意欲的な日本酒を造り出したほか、秋田県内の蔵元から若手5人が集まって「NEXT5」を結成、酒造りの主要工程をそれぞれが分担して共同醸造するという試みにも多くの注目が集まっている。(毎日ニュースから)

2015年の日本酒界でも様々な話題を提供してくれた新政人気はSakenoteでも健在でした。

ちなみに4位以下は次の通りです。

4位 風の森
5位 醸し人九平次
6位 而今
7位 写楽
8位 十四代
9位 鳳凰美田
10位 仙禽

来年はこの中から一位に躍り出る銘柄が出てくるかも知れませんね!

 

【乾杯部門】

こちらは投稿された銘柄に最も「乾杯」が記録された銘柄、つまり「わたしも大好き!」「飲んでみたい!」という全てのSakenoteユーザの想いが集ったお酒ともいえるお酒達です。

それでは第七位から一気にどうぞ。

 

第7位 而今 10810乾杯

第6位 獺祭 10,906乾杯

第5位 写楽 10,977乾杯

第4位 風の森 11,017乾杯

第3位 醸し人九平次 11,063乾杯

第2位 鍋島 17,272乾杯

第1位 新政 26,720乾杯

ここでも1、2位は安定の強さ。3位以下は拮抗してますね。

皆さんも自分が応援しているお酒を見かけたら気軽にSakenoteアプリから「乾杯!」してみてくださいね。 kampai

 いかがでしたでしょうか?2015年 第一回Sakenoteアワード。皆さんの予想は当たりましたか?

年末年始は日本酒を飲む機会が多いと思いますが、美味しかった記憶はぜひSakenoteに記録してくださいね。

それでは来年もよいお年を!

 

あー、あと最後に大事な一言を。日本酒飲むときは和らぎ水も忘れずに!

 

<日本酒アプリ Sakenote(サケノート)について>

日本酒アプリSakenoteは飲んだお酒をサクッと記録して、みんなが飲んでるお酒も鑑賞できる優れもののアプリです。

ダウンロードは下のリンクから!無料です!

【MA11】SakenoteAPIを使った作品が受賞!

こんにちは! Sake女将です。

すーっかり寒くなりましたね!熱燗とおでんが恋しくないですか?

 

去る11月18日、Mashup Award 11の授賞式が行われました。

毎年SakenoteはAPI提供企業として参加させていただいておりましたが、今回は諸事情によりAPIパートナーにはエントリーはしておりませんでした。

にもかかわらず!3チームもSakenoteAPIを使って出品していただいたようです!
Hacklog SakenoteAPI

 

そしてそして、そのうち2作品が受賞!

俺のぐい呑み byドランカーズ(チームワーク賞、株式会社構造計画研究所 賞)

おもカジ by ものぐさ6(CODE for IKOMA賞)

受賞一覧はこちら。

 

残念ながら受賞には至らなかった御酒印帳 by TEAM_8号線様、一番のお酒Sweetな作品でした!MA11にはありませんが、女将賞を差し上げます!!(副賞なし…。)

SakenoteAPIは、いつでもお使いいただけるようになっております。MA11に限らず、Sakenoteの豊富なDBをご活用ください。(但し、非商用に限らせていただいております。)

 

スマートフォンで上手にラベル写真を撮る方法。

こんにちは!Sake女将です。

日本全国、暑い日が続いてますねー。ようやく週末になりましたので、美味しいお酒で一息を。

 

Facebookでは主に写真を入れて記事を投稿しているのですが、ラベル写真を投稿したときの閲覧数がすごく多くなる傾向にあるのです!ラベルじゃない写真で投稿したときとはおよそ5倍ぐらい違います。

最近投稿したこの写真も、大変多くの方に見ていただきました。この写真、よく撮れているでしょう?

blog0731_1

Sakenoteは基本的にラベル写真を記録していただくアプリでもあるので、ラベル写真は少しでも上手に撮っておきたいですよね。

そこで今回は、ユーザーさんに教わったスマートフォンで上手にラベル写真を撮る方法を大公開いたします!

まず、上の写真が普段と違うのは「ラベルを下から仰ぎ見るように」撮っていることなんです。

ただ、下から仰ぎ見るようにスマートフォンを持つためには、瓶よりも下の方に構えるしかありません。テーブルの端ギリギリに瓶を置いて、こんな状態になると思います。

P7310042

いつもこのように撮れるならよいですが、お店などではテーブルの上に置ける場所が限られていたりして、そう簡単にはいかないときもありますよね。

そこで、こうやってスマートフォンを逆さまに持つのです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

カメラがテーブルの面ギリギリになるぐらい、下から上に向けて撮ることが可能になります。

 

ということで、上の2方法で撮ってみた写真がこれです!
まずこちらが、テーブルの下のほうから撮った写真。

2015-07-31 14.18.14

 

カメラを逆さまにして、下の方から撮ったのがこちらの写真。

2015-07-31 14.19.26

 

ちょっと角度がアレでしたが、どうでしょうか?普段の正面から撮ったラベル写真より、迫力のあるものが撮れると思います。

みなさんも早速今夜、試してみてはいかがでしょうか?

 

(ちなみに、モデルになった「甲子活性にごり」は女将のストックです。)

 

 

【アップデート】乾杯機能はお試しいただきましたか?

こんにちは! Sake女将です。

今日は日本酒新年ですね!「さけおめの日」として、各所でイベントも開催されるようです。

さてさて、そんな日ですから、みなさんも早速「乾杯!」でたくさんのSakenoteユーザーと繫がってみませんか?

操作は簡単。最新のSakenoteをダウンロード(もしくはアップデート)して、「みんなのライブ」を開いてください。
気に入ったお酒リストの右側にある、楽しく乾杯してる絵のアイコンを押してください。もうそれで、このデータのユーザーに「乾杯通知」が送られていますよ!

写真 2014-07-01 18 20 17 (1)

もちろん、ご自分のデータが乾杯されたら、通知が届きます。ちょっと楽しくなりましたよね?

さあ、もう夏酒が出回ってきました。Let’s KANPAI!!

【リリース情報】新機能「乾杯!」をお楽しみください!

こんにちは! Sake女将です。

もうアップデート通知を受けていらっしゃる方も多いかと思います。
iOS版にてVer2.2.0をリリースいたしました!(Android版はもう少しお待ちください)

今回の目玉は「乾杯!」機能の追加です。

これは「みんなのライブ」で、他ユーザーの投稿に対し「乾杯!」を通知して、その投稿(お酒)が気に入ったことを知らせることができるというものです。

今までは他ユーザーの投稿を閲覧するだけだったので、「これはいい!」と思ったことを伝えることができず(これをわたしたちは『片思い』と呼んでいました)悶々としていたことでしょう。

では、「乾杯!」の楽しみ方についてご説明します。

「乾杯!」する
<みんなのライブ>を表示します。
画面下のタブから「ライブ」を押します。すると最新から25件、他ユーザーの投稿が表示されます。

一覧から、自分が気に入った投稿を押します。

kanpai1

次の画面で投稿の詳細が表示されます。
画面左下の「乾杯する」を押すと、そのお酒に乾杯することができます。
押した後は、そのユーザーに「乾杯通知」が送られます。(「乾杯通知」の説明は後述)

写真 2014-04-23 17 46 08

同じ画面で「乾杯×2」のように右下に表示されています。
これを押すと、このお酒に「乾杯!」した他ユーザーの一覧が表示されます。
一覧からユーザー名を押すと、そのユーザーがこれまでライブに投稿したお酒の一覧が表示されます。

「乾杯!」されたら
<乾杯通知>を表示します。
画面下のタブから「乾杯通知」を押します。すると自分宛の「乾杯!」が、乾杯したユーザー毎に表示されています。(そのため、同じお酒が複数表示されることもあります)

一覧から、そのうちの1つを押します。

その後は「乾杯!」したときの詳細表示と同じように、他ユーザーの情報を閲覧することができます。

いかがですか?このように「乾杯!」機能は、乾杯したお酒の情報と同じように乾杯したユーザーの投稿が繫がって、自分の知らなかったお酒や、同じお酒好きの仲間を見つけることができます。

また、今はあえてコメント欄を付けていません。ユーザー間では「褒め合う」ことで美味しいお酒を盛り上げていただきたいので、ネガティブな発言でユーザー同士が対立するような仕組みは、当面見送ろうということで、今回は「乾杯!」だけとなりました。

ただですね、現状のライブ投稿コメントをみても、投稿でお酒をけなすような方がほとんど見受けられず、美味しくないと思ったお酒はきっと投稿されないのだろうな、という推測もありまして、不測の事態に備えられるような運用側の体制も含めた仕組みを整えられたら、「乾杯!」にもコメント機能を搭載しようかという検討も行っております。

日本酒好きのみなさんが、飲むだけじゃなく「繫がる」ことで楽しんでいただける、そんな日本酒メディアへの「はじめの一歩」です。これからも広がっていくSakenoteを、どうぞよろしくお願いいたします。

【MA9】ショコラシスターズさんにインタビューしました!

こんにちは! Sake女将です。

「怒濤の3万ダウンロード記念週間!」第3弾です!

ものすごーーーく遅くなってしまいました。Mashup Awards9にて、SakenoteAPIを活用したWebアプリ「さけ脳トレ」を作ってくださった「ショコラシスターズ」さんのインタビュー記事です。このさけ脳トレにソニックガーデン賞を授与させていただいたのですが、このアプリについて作者としての思いをお聞きしました。

ショコラシスターズさん(以下ショコシス)について紹介しますと…。
ショコシスさんは、ニュージーランドとドイツにそれぞれお住まいの女性2名によるユニットで、シスターズといっても血縁関係はないそうです。ネットを介してお知り合いになったおふたりは、このインタビューを実施した昨年秋の時点で、リアルに会ったことはないそうで!何とも今時な「繫がり方」を感じますね。

cc_banner

このロゴの由来もお聞きしました。

Chocosisロゴの最初のoは、白い顔が下向きになっていますが、これは、ホワイトチョコ好きで南半球に住む姉を表し(私はこの丸を姉丸と呼んでいます)、二番目のoの上向きな黒い顔は、ダークチョコ好きで北半球に住む妹(妹丸)を表しています。色には、チョコの種類だけでなく、姉の住むニュージーランドが昼の間、妹の住むドイツは夜という意味も含んでいます。丸が微妙に傾いているのも、地球を表現しているからです。

可愛いなかにも、なんというこだわり!!

今回のインタビューはSkypeを使って、ニュージーランドにお住まいのショコシス姉さんと女将の対談になりました。海外から見た日本酒の実状と今後へのアイデアなど、たくさんのお話をさせていただきました。
とてもお話が上手で、しかも楽しいショコシス姉さんなので、どちらかというと女将がインタビューされることのほうが多かったように思います。対談の最初も「なぜSake女将になったのか?」という逆質問から始まりました!(笑)
お話の全部はとても記事にしきれない量なので、今回は本当に残念ですが、ほんの一部のご紹介となっております。

ちなみに、今回の対談にはご同席いただけなかったショコシス妹さんは、もともとドイツでプロのダンサーをされていて、現在ではWebデザイナーとしてご活躍。どちらもユニークな経歴の持ち主です。

お二人の活動については、こちらのブログやFacebookをご覧ください。
ブログ:ショコラシスターズのスイートビターなWebコラボ
Facebook:ショコラシスターズFacebook

cc_ss

Twitterでは「本日のこんなん出ました〜」にて毎日酒造さんの情報をTweetされています。日本酒好きの方はMust Followです!

<ショコシス姉さんの経歴>
今回インタビューに答えていただいたショコシス姉さんのとても興味深い経歴についてお聞きしました。

Q:ショコシス姉さんはいつからニュージーランドにお住まいなのですか?

A:20年ほど前からになります。

Q:最初からニュージーランドでITの仕事をしていたのですか?

A:最初は旅行関係の仕事をしていました。日本で旅行会社に務めていて、ワーキングホリデーでニュージーランドに来たのがきっかけです。

Q:そこからITに転向したきっかけは?

A:2000年にある日突然「この先はどの業界にいてもインターネットだ!」と、学校を急いで探して、これから開講するところで1席だけ空いているところを見つけて。その頃住んでいた場所からは遠かったので、すぐに荷物をまとめて引っ越しました。

ーここから、さけ脳トレの話からは大きく外れましたが、ニュージーランドと日本における仕事に対する考え方の差とか、仕事でチャレンジする姿勢についてなど、熱く語り合いました。

cc_NZ

<『さけ脳トレ』を作った経緯について>
Q:さけ脳トレを作るにあたって、どのようにアイデアを出していったのですか?

A:まずは、今回もう締め切りが迫った段階で、だから、初めは応募する気はなかったんです。でも、今年はどんなアプリが並んでいるのかなとのぞきに行ったら、ふっと目について「あ、お酒のデータベースがある」というので。とにかく「じゃあ、なんか作ろう」ということで盛り上がって。
一番始めに思ったのは、結局はデータが取り出せるわけだから、それを自動的にネット販売されているような楽天さんとかと結び付けて、見つけたお酒がすぐにオーダーできるというのが一般かなと思ったけど、それではちょっと面白くないなというので。
何か違うこと、全然そういう販売とかとは全く関係ない何かをしようとことになって、思いついたのがクイズだったんです。

ーなるほど。まずは普通に考えられるアイデアを出したうえで「それが面白いか」という自分たちの価値観フィルタをかけたところに、さけ脳トレ誕生のきっかけがあったのですね。

クイズの中身に関するアイデアは自分の経験です。日本に行ったときにメニューを見てもお酒の読み方、読み仮名が書いていないときがあって。最近、日本に行くたびに日本語が読めなくて恥ずかしい思いをするようになってきているので(笑)。漢字が読めないこともある。日本酒の読み仮名を当てるというのがいいかもしれないと思いついて、そのベースができたんですけれど。
そのベースができたあとに、結局は読み仮名を当てるだけじゃなくって、もっとお酒について興味を持ってもらったりしてもらおうというので、都道府県をどこどこ県からというので、見たときにその県と結び付けて覚えてもらえれば。初めは本当に広島県のお酒だけにしようかなと思っていたんですけれど(笑)。

cc_taru

もっともっと、ショコシスさんたちのお話をご紹介したかったのですが、やはり紙面の関係もあり相当省略させていただきました。実はSakenoteでは、さけ脳トレを初めSakenoteAPIをご利用いただいている多くのプログラマさんたちを集めてMeet Up開催を計画しています。それもショコシスさんがおふたりで一時帰国される予定に合わせて春ぐらいに。この続編はまたその機会にお送りできるかもしれません。乞うご期待!(実現できなかったらごめんなさい)

【お知らせ】ありがとうございます!3万ダウンロード達成!

こんにちは! Sake女将です。

以前の記事で「あと少しで3万ダウンロード」というお知らせをいたしましたが、2月17日、ついに3万ダウンロードを達成いたしました!
(お知らせが遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。)

リリースから1年弱での達成ということで、このアプリが着実に日本酒ファンのみなさんに伝わっているのを実感しております。
これも一重にユーザー様はじめ、Sakenoteを応援していただいている居酒屋さんや酒造さん、酒屋さんのお陰です。
本当にありがとうございました。

しかし、これに満足することなく、これからも愛されるアプリで居続けられるよう、Sakenoteは“進化”していきます。
1周年となる4月を目標に、現在多くの改良を加えてより楽しく、便利なアプリに育っていきます。

進化のテーマは「日本酒メディアとしてのSakenote」です。
単なるデータ蓄積用のスマートフォンアプリではなく、「日本酒の世界」と繫がる窓という位置づけを意識したアプリになります。

詳しい新機能の説明や、わたしたちの取り組みに関する説明は4月のリリースを前に、少しずつ実施いたします。
ブログ記事やFacebookにご注目ください。

今後ともSakenoteをよろしくお願い申し上げます!