【イベント】プレミアム日本酒試飲会に行ってきました!

こんばんわ! Sake女将です。

またまた日本酒イベントのレポートです。

10月26日に東京・日本橋のYUITOで開催された「プレミアム日本酒試飲会」に行ってきました。

写真 2013-10-26 15 30 29

入場時に、会場全体の案内図と出展酒のリスト、そして軽いおつまみと利き猪口をいただけます。蛇の目がなんとも期待感をそそりますね。

写真 2013-10-26 14 55 49

このイベントは、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)で表彰された20蔵40銘柄のお酒を一同に集め、試飲できる会です。会場は大きくありませんが、頑張れば何とか全部の蔵、お酒を楽しむことができるサイズです。わたしが参加したのは2部制のうち第1部で、会場は超満員の状態でした。

写真 2013-10-26 16 21 01

IWC2013の結果はこちらをご覧ください。

日本酒のイベントといえば、常に大人気なのは獺祭と梵ですが、この両者を事実上両脇に従えた形でチャンピオンとして玉座に構えるのは、福岡県八女市の「喜多屋」さんです。喜多屋さんの「大吟醸 極醸 喜多屋」が2013年の「チャンピオン・サケ」に選ばれました。
チャンピオン酒が純米じゃないところが、女将にはなかなか興味深いところだなと感じました。お酒を選考する審査員は日本酒の専門家ではなくワインの専門家ということで、日本酒の独特な価値観というか、例えば純米至上主義みたいな先入観を持たない人が選んだ結果なのかな、などと想像したりしました。

写真 2013-10-26 15 31 12

このお酒を女将もいただこうと思って並んでいましたら、福岡のテレビ局RKB毎日放送の取材クルーからお酒の感想をインタビューさせてほしいとのご依頼があり、女将ったら偉そうな蘊蓄をテレビカメラの前でたれてしまいましたよ!
福岡地区のみのオンエアとのことで自分ではその姿を観られないのですが、もしご覧になったユーザー様いらっしゃいましたら、ぜひメッセージください!

インタビューが終わってからディレクターさんとちょっとお話したのですが、福岡というか、九州はどうしても焼酎のイメージのほうが強くて、各地に美味しい日本酒があるにも関わらず、なかなか注目してもらえないとのことでした。それでも有名どころでは佐賀の七田や鍋島などあるのですが、福岡はなかなか苦戦しているので、この喜多屋さんの快挙をきっかけに福岡にも美味しい日本酒があることを知ってもらいたい、という熱のこもったお言葉を頂戴しました。このディレクターさんもなかなか日本酒がお好きなようにお見受けしました。

肝心のお酒の印象なのですがね、大吟醸ではありますが純米ではない分、大吟醸独特の華やかの中にも、スッキリとしたお酒のもつ鋭さみたいなものを感じました。インタビューでもちょっと話したのですが、福岡の名物に「ごま鯖」という料理があるのですが、そういう脂のちょっと強い青魚のような料理のときに口の中をさっぱりとさせてくれるちょうどいいお酒なんじゃないかと思います。

日本酒のイベントとしては権威のある賞の試飲会、この方もいらっしゃっていました。

写真 2013-10-26 15 40 11

ミス日本酒の森田真衣さん。会場の中に華を添えておられました。日本酒ファンの間で彼女は既に有名人となっていて、多くの方から声をかけられて来場者や蔵元さんと一緒に写真を撮る姿をずっとお見かけしてました。で、女将もお願いして写真を撮らさせていただきました。

その後、森田さんのマネージャーさんとご挨拶したのですが、なんと既にSakenoteを使っていただいているとのこと。大変有り難いことです。

森田さんはJoy of Sakeにも来場されるそうなので、ユーザーのみなさんも五反田でミス日本酒と握手!

いろいろお酒を頂戴しましたが、女将が特に気に入った2銘柄をご紹介します。

まず、榎酒造の「華鳩 貴醸酒8年貯蔵亀甲ボトル」

写真 2013-10-26 16 23 50

貴醸酒は紹興酒の味にとってもよく似ているのですが、渋いタイプと甘いタイプがあると女将は感じておりまして、このお酒は甘いタイプ。まるでシロップのようです。それがお酒の特徴であることは酒造さんもわかっているようで、試飲のカップにアイスクリームを入れていただけるサービスが。これは合います!ぜひ居酒屋さんでも大人向けデザートとして導入してはいかがでしょうか?

写真 2013-10-26 15 43 39

次は金紋秋田酒造さんの「X3 Imperial」

写真 2013-10-26 15 52 27

(酒造さんのホームページには「Imperial」の表記はないのですが、ラベルは一緒なのでこれでいいと思います。)

金紋秋田酒造さんが受賞したお酒は「熟成古酒 山吹ゴールド」なのですが、女将はこちらが気になって飲んでみました。ホームページにも書いてあるとおり、麹を通常の3倍使って仕込んでいるのだそうです。酒造の方がおっしゃってましたが、本当にワインのような風味のお酒です。純米大吟醸は比較的ワインに近いテイストのものが多いですが、それよりもずっとワインのようです。

蔵のポリシーなのでしょうか、こちらのお酒は瓶やラベルもワインのような佇まいにデザインされているので、味もワインのような旨みを目指しているようです。このお酒でぜひカルパッチョなどいただいてみたいと思いました。

このイベントでは、出展されているお酒のほとんどは会場で購入することができます。数に限りがあるので、必ず入手できるわけではないと思いますが、試飲で美味しいお酒を選んですぐ買えるというのは、お酒好きには嬉しいシステムですね。

来年はみなさんも参加されてはいかがでしょうか?女将おすすめいたします。

【イベント】ジョイ・オブ・サケ(東京)のスポンサーになりました!

こんばんわ! Sake女将です。

台風気になりますね…。

先日、スタッフ募集の記事を先に掲載しましたが、Sakenoteが「ジョイ・オブ・サケ」のスポンサーになりました。
当日は会場にアプリを紹介するブースを出展します。

それに伴い、ジョイ・オブ・サケのホームページにSakenoteのバナーリンクが設置されました。

みなさんもイベントに参加して、ぜひSakenoteブースにお立ち寄りください。お待ちしております!

josLogo01_200px

【緊急募集】「ジョイ・オブ・サケ」出展サポートスタッフを大募集!

こんばんわ! Sake女将です。

すっかり涼しくなりましたね。先日まで日陰を選んで歩いていたのに、今日は日なたを選んで歩いてました。

みなさんは「ジョイ・オブ・サケ」という日本酒イベントをご存知ですか?
なんと、ホノルルを発祥とする日本酒のイベントなのですが、11月7日の東京開催に、Sakenoteの広告を掲載させて頂くことになりました。

それに合わせ、現在出展ブースの企画を進めておりますが、ここに企画メンバーとしてユーザー様からボランティアスタッフを募集いたします!

お手伝いいただく内容は
・ブース展示内容の企画と一部展示物の製作(会議は主にSkype利用)
・イベント当日の説明員(交代制にします)
・ブログ記事の投稿

お手伝いいただけるという方は、このブログにコメントをいただくか、info@sakenote.com までご連絡ください。
お問い合わせも同様です。

大変恐縮ですが、ボランティアスタッフなので、イベントチケットは各自でご購入ください。

たくさんのご応募、お待ちしております!

Blogbanner

純米酒フェスティバル2013

純米酒フェスティバルに参加してきました!

こちらは、全国の三十三蔵が参加する純米酒のみを供してくれる一大イベントです。

ところで、そもそも純米酒ってなんでしょう...

純米酒とは日本酒の原料が、水と麹と米のみからできているお酒のことです。つまり「純粋に米だけで作ったお酒」のことですね。これとは別に日本酒には、醸造用アルコールで割ったものもあります。これは大吟醸など、お酒の香りを立たすために使われたり、お酒自体の量を増量して安価に提供する目的でも使われています。

好みが分かれるところですが、私を含めた日本酒初心者の方は、お酒選びで迷ったら「純米」と書いてあるお酒を頼めば、そうそう外すことはないと思います。「酒は純米、燗ならなお良し」という言葉もありますからね。

さてさて、その純米酒フェスティバルですが、日本酒イベントとしてかなりの歴史があるようです。Sakenoteチームは今年からブースを出展してアプリのQ&Aコーナーを開設!もちろん参加者としても純米酒を大いに味わい、蔵元さんと交流を深めることができました。来年も是非参加したいですっ!

13全景

昼・夜の部合わせて1200名超の参加者!すごい熱気です。

11松花堂

参加者にはご覧の松花堂弁当が配られます。ちびちびつまむのに最高のアイテムでした。

10津島屋

本日のToujiイチオシ銘柄。岐阜県の津島屋さん。すでに酔いが回りピントが..(汗)

08七冠馬

お酒は蔵ごとにこんな感じで並んでいます。杜氏さんなどの蔵元関係者と会話できるのが楽しい。写真は島根からの七冠馬シリーズ。

09発布

スタッフユニフォーム。これのTシャツ版が欲しいです。

07龍力

龍力の名物会長。あちこちひっぱりだこで記念撮影されてました。お肌がツヤツヤ。

03ボンの社長

本日一番長い行列を作っていた福井の梵。社長自ら供してくれます。

12アプリ説明

「カクレイ(鶴齢)がスキ」というアメリカ人の方に操作方法をご説明 @Sakenoteブース。

02わさびのり

 お土産に思わず買ってしまったわさびのり。「磯の香りにわさびの刺激」これかなりイケます。

06人気一

ということで、純米酒好きには最高のイベントでした。普段は聞けない杜氏さんはじめ蔵元さんの声や、お隣同士の日本酒談義など、まだ行かれたことのない方は来年は是非ご検討くださいね!(事前予約必須なので今から来年のカレンダーにチェック!)

Blogbanner

【ユーザー投稿】日本酒イベント「日本酒奉納舞と日本酒会」

こんにちは! Sake女将です。

久しぶりによい天気に恵まれた関東地方ですが、他地域では台風の影響もあるとか。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は普段テストリリースバージョンのモニターなどでお世話になっているユーザー様にお願いして、日本酒イベントのレポート記事を投稿していただきました。
この季節は、大きな日本酒イベントが重なり、Sakenoteスタッフだけでは取材しきれない状態ということがわかりました。
そこでSakenoteを普段から愛していただいているユーザー様にも、これからはお手伝いいただこうではないか!というのが趣旨です。

————————————————————————–

こんにちは、Sakenote ユーザーのあまのりょーといいます。
Android版のβテスターをやらせていただいた関係などで、こちらのBlogにもイベントレポートを掲載させていただくことになりました。よろしくお願いいたします。

このBlogを読んでいる皆さんなら、Sake女将さんが何度か書かれているし、10/1が何の日かはご存知ですよね。そう、日本酒の日です。

日々の日本酒関連イベントをまとめている、おなじみ日本酒カレンダーを見ても、10/1 は 42件(2013/10/6調べ)と平日にしてはダントツにイベントが多かったことがわかります。そんな数あるイベントの中で、私が行ったのは 東京は 乃木坂、乃木神社で行われた「日本酒奉納舞と日本酒会」です。

というわけで神社の一の鳥居をくぐったところにある受付で参加費を払い中に進みます(ふらっと立ち寄れるわけではなく、予約が必要なので来年行かれる方はご注意です)。実は、着くのがギリギリになってしまい、イベントの最初に神社の幣殿で執り行われる「日本酒奉納舞」に関してはものすごく遠目にしか観ることができなかったです(^^;。私よりちょっとだけ先に幣殿にたどり着いたSake女将さんの撮った画像をご覧ください。

PA010054

PA010055

さて、そのあとは幣殿から皆で境内に移動し、おまちかね!? の日本酒会です。宮司さんの挨拶、鏡開きにつづいて乾杯で幕を開けました。宮司さんによると、乃木神社に祀られている乃木希典は日本酒が大好きだったんだそうです。

IMG_20131001_192618

IMG_20131001_193132

ふだんは荘厳(推測)な神社の境内も、今宵ばかりは日本酒好きの男女でごった返します。境内の端にはずらりと並んだ日本酒のブースが。これはテンション上がります。
有名神社への奉納酒のコーナーのほか、参加の各銘柄のひやおろしから今年の通年酒、ちょっと変わった日本酒リキュールまで、受付でもらったマスを持って行くと注いでくれます。

IMAG0295

IMAG0296

私がいただいたお酒(のほんの一部)を画像で紹介します。普段飲みなれた銘柄も、そうじゃないものもありましたが、それぞれ美味しかったです(^^

IMG_20131001_204303

IMAG0293

IMAG0294

IMAG0297

IMG_20131001_201345

IMAG0300

しかし、今回私が一番感動したのはズバリ京都の「澤屋まつもと」です。実は24BYで私が一番気に入っているお酒が「澤屋まつもと」の純米大吟醸なのです。あんまりにも好きで、今年は個人的に既に 4本を購入しているほどです。というか10/1 の前日の 9/30にも「澤屋まつもと」の純米大吟醸を開けたばかりでした。そんな「澤屋まつもと」純米大吟醸の見慣れた黒いラベルを発見して興奮MAXです。早速そこにいらっしゃった担当の方に注いでいただきました(^^ もちろん、同時に置いてあった特別純米の愛山も味見させていただきました。

IMG_20131001_200811

この注いでくれた担当の方、よくよく話を聞いてみるとなんと「澤屋まつもと」の杜氏さん! 今年の個人的No.1であることを伝え、美味しいお酒を醸してくださったことへの感謝を直接言えたのはなにより良かったです。記念の画像も撮らせていただき、松本さん、本当にありがとうございます!

IMG_20131001_200920

このイベント、フードチケット制で食べたい分だけチケットを買うと和洋いろいろ揃った小皿料理から好きなモノを選べるのですが、このフードもそれぞれイケる一品でした。(すみません、画像を撮り忘れました)

昨今の日本酒人気を反映してか、それなりに広いはずの境内も相当の人で賑わっており、場所の確保がちょっとした課題なのですが、用意されたテーブルや床机ではやはり足らず、狛犬さんもこの夜ばかりは足元をちょっと貸してくれます。そんな様子も風情としてむしろ楽しみどころかと思います。

IMG_20131001_195745

IMG_20131001_202735

全体として、満足の一夜を過ごすことが出来ました。傾向と対策もだいたいわかったし、来年の日本酒の日にもきっとこのイベントに行っちゃうと思います!

————————————————————————–

あまのりょーさん、レポートありがとうございました!

これからも「ユーザーとアプリが近くなる場」としてのブログを作っていきたいとおもいます。
我こそは!と、レポートに挑戦してみたいと思われるユーザー様は、ぜひコメントでご連絡ください。

Blogbanner

【日本酒豆知識】10月1日は日本酒の日です!

P9230027

こんにちは! Sake女将です。

東京はあいにくの雨模様ですが、みなさんの地域はいかがですか?
台風のシーズンでもありますね。今年は水害が多く、お米が心配な女将です。

今日が日本酒の日って、ご存知でしたか? 日本酒好きのユーザーさんたちでしたら、当然ですよね。

なぜ10月1日が日本酒の日なのか?

「酒」の旁(つくり)である「酉」は、酒壷の古代象形文字であり、酉が十二支の10番目であることなど
酒という文字を起源として制定されたそうです。(詳しくはこちらを)

日本酒の日ということで、日本酒関連のイベントも多数開催されるようです。こちらはこのページに書ききれないので、Sakenoteメディアパートナーの「日本酒カレンダー」さんにお任せします!

最近、日本酒を海外へ紹介するという活動が活発なのですが、その一環で日本の国際空港4港で「ニッポンを飲もう!『日本の酒キャンペーン』」というものが開催されています。普段はこんな感じでブースを設置しているようです。

写真 2013-10-01 13 48 11

ちょっと寂しそうなんですが、これは女将のダンナちゃんが深夜便の飛行機に乗る直前に撮影したため。このブースは出国審査を出たすぐ横にあります。
今日は日本酒の日ということで「振る舞い酒」が開催されているようです。

もちろん女将も、今夜は日本酒イベントに参加です。みなさんも日本酒の日を楽しんでくださいね!

Have a nice Sake day!

Blogbanner

【レポート】すみだ日本の技と酒めぐり

こんにちは! Sake女将です。

ご報告が遅くなってしまいましたが、先日うかがった「すみだ日本の技と酒めぐり」をレポートします。

P9080001

錦糸町駅からバスロータリーを隔てたところにある「すみだ産業会館」のフロアで開催されたこのイベントには、東京都墨田区にある「ものづくり」をしている中小企業による「墨田ブース」と、日本全国から多くの蔵元による「酒ブース」が集まりました。

酒好きの間ではおなじみのイベントらしく、会場はこの通り大盛況です。

P9080004

会場に入ってまず目に付くのは、このTシャツの壁。酒造のロゴをTシャツにデザインしています。

P9080002

このイベントは2部制で、1回はおよそ2時間。行くまでは「2時間もいられないかなー。」と思っていましたが、とにかく酒造の数が多いので、お話を聞きながら試飲していると、時間はあっという間に過ぎました。女将もがんばってみましたが、Sakenoteに記録できたお酒は17銘柄でした。全部まわるのは大変です。

酒造をまわっているときに、何人かマイ猪口をお持ちの方をお見かけしました。おひとりに、お猪口の撮影をお願いしました。

P9080006

なぜマイ猪口をお持ちなのか聞いてみたところ、試飲会で出される使い捨てのコップだと、たまに紙製のものがあって、お酒の香りを邪魔するのだそうです。そのため持参すれば安心とのこと。このイベントでは、お水と一緒に配布されたコップはペット製でした。これなら無臭なのでまだ大丈夫とおっしゃってました。
スマイルお猪口、可愛いですね。

それからSakenoteにとっては意味のある酒造「神亀」さんにもご挨拶にいってきました。
(詳しくはこちらの「開発後記」をご参照ください)

P9080005

こちら、神亀の跡継ぎでいらっしゃいます。Sakenoteの始まりのお話をしましたら、ちょっと照れた様子で笑っていらっしゃいました。シャイな方のようでしたが、写真はがんばってポーズをとっていただきました。

メインステージでは「すずめ踊り」も披露されていました。写真が撮れなかったので、別の動画をご紹介します。

すずめ踊り

オープニングのご挨拶にもあったのですが、まだまだ経済は中小企業に厳しい状況です。それでもこのようなイベントで、少しでも多くの人に墨田区の産業やお酒を知ってもらうことで、振興に繋がればという思いを強く感じました。そこここにいる、お揃いの黄色いTシャツを着たスタッフの懸命な姿が印象的でした。若い力が地域振興や日本の文化継承を支えてくれていることを感じる、いいイベントでした。

Blogbanner

純米酒フェスティバル in 渋谷

純米酒フェスティバルってご存じですか?
春と秋の年二回、渋谷で開催される日本酒イベントです。純米酒造りに定評のある全国の酒蔵が多数参加しての大試飲会です。

「純米酒フェスティバル2013秋」

昨年の様子。相当おおきなイベントですね。(画像はホームページから)

毎年気になってたけど、今年は参加したいです!なお、初参加の方は事前登録制で8月10日が応募の締め切りとのこと。お急ぎあれ!(リピーターの方は8/18にネット販売開始デス)

申し込みはこちらから

Blogbanner

全国の日本酒イベントをチェックできる超便利サイト

全国各地の蔵元イベントや酒販店の試飲会など、日本酒にまつわるイベントが一目で分かる超便利サイトを発見しました。その名も「日本酒カレンダー」。

日本酒イベント - 日本酒カレンダー

このようにカレンダー形式で全国の日本酒情報をチェックできます。

最近は居酒屋さんが蔵元さんを招いてのイベントも多数開催されていますが「気づいたら当日だった」なんてことも多いです。このカレンダーがあれば事前に予約もできますね。

それにしても日本酒のイベントって沢山開催されてるんですね〜。

日本酒カレンダーはこちらからどうぞ。

日本酒カレンダー-1

【レポート】初夏の京都の旨い肴と“招徳”の会 in かもすや

全国の日本酒好きのみなさま、こんにちは。初投稿のSake女将です。これから、みなさんがSakeLoverを楽しく使っていただいてる場所にこっそり潜入して、レポートしていきますからね。どうぞお楽しみに。

そして初レポートですが、SakeLoverプライムパートナー第1号の「かもすや酒店」さんで開催された「京都 招徳酒造」さんのお酒を楽しむ会に潜入してきましたよ!

写真 2013-06-04 22 27 31

この日供されたお酒は以下のラインナップです。

  • 招徳 純米大吟醸 生もと(Alc16°) 兵庫県産山田錦 40% 24BY
  • 花洛 純米大吟醸 (Alc15°) 京都産祝 50% 24BY
  • 花洛 純米吟醸 (Alc15°) 麹:酒米、掛:飯米 60% 24BY
  • 招徳 純米吟醸 無濾過生原酒特別栽培米 (Alc18°) 京都産日本晴 60% 24BY
  • 招徳 純米旭 無濾過生原酒 (Alc18°) 京都産祝 60% 24BY
  • 招徳 純米生もと 無濾過生原酒 (Alc18°) 京都産五百万石 60% 24BY
  • 招徳 純米70 岡山県産アキヒカリ 70% 24BY
  • 招徳 純米生もと 京都産五百万石 60% 24BY

お気づきかと思いますが、全て純米です。これは招徳さんのこだわりであり「プリンシプル」です。伏見の美味しい水と純米にこだわり、美味しいお酒を醸し続けています。

この会では、だいたい酒造のオーナーさんか営業さんがお酒の紹介にいらっしゃいます。しかし今回は杜氏さんがお酒の紹介にいらっしゃいました。それもこの酒造では初めての女性杜氏・大塚さんです。

写真 2013-06-04 22 23 06

まだこの杜氏さんは30代でいらっしゃるのですが、招徳酒造の杜氏さんたちの中では最年長なのだそうです!招徳酒造さんは、1645年に酒造りを始められ、とても歴史が長いのですが、若い力に溢れた蔵元です。そのため、こだわりの純米酒だけでなく、斬新なお酒も次々と製造されています。

その中でも最も印象に残ったのは「京都トマト酒」。

写真 2013-06-04 22 02 31

純米酒とたっぷりのトマト果汁を合わせ、そこからほんのりと、でもしっかりと柑橘系の風味がします。最初見たときには「キワモノか!」(すいません)と思ったのですが、飲んでみてこれが実に美味しい。ベースとしての純米酒もしっかりと味がして、濃いトマトともいいコンビネーションの混ざり方を口の中でしてくれます。これは確かに女性向きとは言えますが、日本酒好きの方にも「〆の一杯」としてお勧めします。日本酒の新しい食後酒ですね。

で、肝心な純米酒ラインナップのお味レポートなのですが…。ぜひ、ご自身の舌で味わってみてください!どれも純米らしい、後口に雑味を一切残さない、それでも大吟醸には華のある風味がついて。京都の空気そのものといったお酒です。
ひとつ特徴的な印象があったのは「生もと」です。「招徳 純米生もと無濾過生原酒」は、ほとんど酸味を感じませんでした。どちらかというと、甘味。もっと強調すれば「とろみ」でした。口に含んだときの香りがバナナなんです、バナナ!
招徳さんでは、大塚さんが入社されるまで生もとは作ったことがなかったそうなのです。そこを大塚さんが「生もとが作りたい」とオーナーを説得して、招徳で初めても生もとが生まれたのだそうです。若い杜氏さんの意気込みが、招徳を支え、成長させているのですね。

かもすや酒店から供された肴も、京都ならではのものが集められました。

写真 2013-06-04 19 44 27
鱧、丸茄子、京生麩、万願寺唐辛子、鮎、すぐき。どれも京都を代表する食材を、一番美味しい調理方法で出してくれました。ここによく来るわたしにも、今まで食べた中で一番美味しい!と言っても過言ではありませんでした。

さて、いかがでしょうか?京都の初夏をちょっとお先に、東京の下町で味わってまいりました。

ほら、お酒が飲みたくなってきたでしょ?