【イベント】米心ユーザー会、無事終了しました!

こんにちは!Sake女将です。

今年の桜もそろそろ終わりな東京ですが、みなさんのお住まいの地域はいかがでしょうか?お花見しましたか?

ご報告が遅くなりましたが、Sakenote主催の初イベント「米心ユーザー会」は、盛況のうち無事に終了いたしました。
イベントの内容については後日「Team Sakenote!」のメンバーからブログ記事としてレポートしていただく予定です。

今回はイベントの中で「先行発表」した情報がありますので、そちらについてご説明します。

<乾杯!機能の追加>
Sakenote「みんなのライブ」により、他ユーザーの投稿が閲覧できるようになっていますが、今度はその投稿に
「乾杯!」できる機能が追加になります。
この機能は、自分が気に入った投稿の「乾杯!」ボタンを押すことで、その投稿をしたユーザーに対して
あなたがその投稿を気に入ったことを知らせることができるというものです。
コメントはできませんが、その分、知らないユーザー間でも気軽にお酒を介して繫がることができます。
この機能は4月上旬にリリースする予定です。

<日本酒専門ニュース配信サイト Sake Pressオープン>
こちらは既にオープンしております。日本酒に関するニュースを集めた「Sake Press」(sakepress.com)の運営を開始します。
酒造メーカーや酒造組合を始め、日本酒のイベントや大手居酒屋などのプレス リリースを集め、日本酒情報として質の高いニュースを発信します。

<日本酒メディアとしてのSakenoteを創ります>
アプリを介して多くの日本酒ファンと繫がることができたわたしたちは、もっ と日本酒を楽しんでいただけるよう、日本酒に関わる全ての人が繋がれる「場 づくり」をしたいと考えるようになりました。
Sakenote というアプリは、日本酒ファンにとって「Sakenote ワールドへの入 り口」として使っていただき、以下のような機能へのインターフェースとして 位置づけるようにしたいと思います。
・「日本酒が美味しいお店」からのダイレクトな情報を得られる「居酒屋情報」
・気に入ったお酒をすぐに注文できる「酒造情報」
・売れ筋や新商品の情報も得られる「酒販店情報」

ファンのみなさまへ

また、今後多くの情報発信をしていく上で、開発チームだけではカバーしきれない分野も多々あると思います。そこで、日本酒好きのユーザーさん有志から、Sakenoteワールドを一緒に創ってくれるメンバーを募っています。それが「Team Sakenote!」です。
メンバーにお願いすることは、ブログ記事の作成やイベント出展時の運営スタッフ、様々な企画提案など多岐に渡ります。
Team Sakenote!メンバーの募集は折に触れ実施する予定です。我こそは!と思うユーザーさんは、ぜひお問い合わせください。

アプリからメディアへ成長するこれからのSakenoteを、どうぞよろしくお願いいたします!

【イベント】Sakenote初のリアルMeet Up開催告知!

こんにちは! Sake女将です。

「怒濤の3万ダウンロード記念週間!」第5弾で最終回。(ブログは終わりませんよー。)

Sakenoteは3万件もダウンロードしていただき、多いときには1日で1000回ぐらいはアプリをご利用いただいています。
これだけのユーザーさんに使っていただいているのですから、ここはぜひ3万ダウンロード達成記念に何かユーザーさんと一緒にイベントを開催したい!ということで、少人数ではありますがユーザーさんと開発チームで「マイ酒リスト」片手に日本酒を美味しく飲む会を企画しました。(但し、参加費は有料となりますのでご了承ください。)

<イベントの目的>
これから、Sakenoteはアプリとしてだけでなく「日本酒メディア」として成長させていきます。今までアプリとしての関わりに過ぎなかったユーザーさんにも、「Sakenoteワールドの住人」としてこれからのSakenoteという「世界」を、わたしたち開発チームと一緒に盛り上げていただければと思っています。
そこで、本当に日本酒とSakenoteを愛してくださる方々と未来のSakenoteワールドについて「直接」語り合い、同じ「住人」としての絆を強めていきたいと考えています。

<開催要領>
日時:2014年3月27日(木) 19時〜22時(終了は予定)
場所:渋谷道玄坂 「米心」
人数:20名
会費:6000円

<申込方法>
1.Sakenoteアプリの「その他」タブから「お知らせ」を開く
2.「【イベント】Sakenote主催 米心ユーザー会を開催します!」というお知らせを開く。
3.お知らせ内容の申込フォームのURLにアクセスし、ユーザー名およびパスワードを入力する。
※これらの記載内容はSakenoteユーザー以外に拡散しないようお願いします。

そして、イベント当日にも説明しますが、今Sakenoteでは「Team Sakenote!」という、開発チームとはまた別にSakenoteを「半分中の人」として盛り上げていくボランティアチームを結成しています。
Team Sakenote!は、今回のようなイベント開催時の企画や運営、また日本酒イベント出展時のお手伝いをお願いしたりなど、Sakenoteをそれぞれの得意分野で、かつできる範囲でサポートしていただくチームです。
このチームにも、ぜひ多くの方にご参加いただければと思います。チームの主旨や活動内容についての説明は今回のイベントだけでなく、随時行っていく予定です。こちらの活動にもご期待ください!

ちなみに、以下の写真はTeam Sakenote!の初回Meet Up時に女将が作った「お通し」です。
こんな飲み会でのアイデアが、結構いいんですよねー。

1604493_10200624369286130_2023777135_n

【ユーザー投稿】京都「にしむら酒店」レポート

こんにちは! Sake女将です。

日本酒の日イベントからの第2弾「ユーザー投稿」をお送りします。
同じユーザーさんの投稿ですが、どうぞお楽しみください。

また、Sakenoteでは“我こそは!”と腕に覚えのあるユーザーさまからの投稿をお待ちしておりますので、ご希望の方はinfo(アット)sakenote.comまでご連絡ください!

では、どうぞっっっ!

——————————————————–

こんにちは、あまのりょーと言います。
昨年の10/1日本酒の日のイベントレポートに続き、2回目のblog投稿です。

普段は関東に住んでいる私ですが、暮れも押し迫った2013年12月の中頃に関西に出張する機会がありました。出張は奈良だったのですが、どうせなら、と休暇を使って前日に京都に行ってまいりました。

実は私は学生時代を中心に 7年ほど京都に住んでいた時期がありまして、後半の3年ほどは左京区の「にしむら酒店」さんでアルバイトをしておりました。(まだ20世紀だった頃の話です)

「にしむら酒店」は当時から日本酒やワイン、焼酎に力をいれていた酒屋さんで、私が日本酒に目覚めるきっかけにもなったお店です。(にしむら酒店で最初に黒龍の純米吟醸をいただいた時は衝撃でした!)

そんなわけで、今回は久しぶりにお店に顔を出しましたのでレポートいたします。
なお、来訪時はこのblogに書こうと思って行ってないので、お店の外観や店のスタッフの皆さんとの画像は残念ながら撮っておらず載せられません、ごめんなさい。

店に到着すると懐かしい顔がさっそく。店主(店のスタッフからは「大将」って呼ばれていたので以降は敬愛の念を込めて大将って書きますね)の奥様が変わらぬ素敵さでレジまわりにいらっしゃいました。

その後大将も来て挨拶をしたあと、店のリーチイン冷蔵庫の前でひとしきり大将おススメのお酒をいろいろ教えていただきました。蔵のちょっとした裏話なんかも聞けて面白かったです。

リーチ1
リーチイン冷蔵庫の一部。ちかごろ関東でも人気が高い「風の森」がしぼり華から笊籬採りまでズラリと揃ってます

大将おススメ1
大将オススメの一つ「雪の茅舎」の秘伝山廃。雪の茅舎は大将が見学に行った蔵の中でもとりわけ設備とポリシーが素晴らしかったそうです

私が働いていた頃にはなかったのですが、店内からお客さんも入ることが出来る氷温庫が!もちろん入りました。-3℃で主に熟成系のお酒がズラリと並んでいます。私もこの中から平成8年醸造(17年前!) の黒龍 本醸造垂れ口を買って今月飲むつもりです:-)

氷温庫入り口
氷温庫内
H8本垂れ

この後は店のバックヤードの事務所で奥様から通販取引の苦労話などを聞いたり、歴代スタッフの消息について話したりと楽しい時間を過ごしました。みなさん、通販でお酒買う時も、その後ろには人がいて丹念にきめ細かく対応してくれていることをお手軽さにかまけて忘れないようにしましょう〜

にしむら酒店、お店の大将自身がなにより日本酒とその文化を愛し、積極的に蔵見学に行ったり、酒蔵体験や利き酒会などのイベントを開催しながらお酒のことを広めていこうとしているステキな酒屋さんですので、京都に行った折にはぜひとも足を運んでみてください! (有名な観光地だと、銀閣寺や哲学の道のほど近くです)

★データ
にしむら酒店
左京区北白川久保田町3

http://nishimura-saketen.com/

【動画】醸し人九平次

こんにちは! Sake女将です。

今週は全国で一段と寒くなるようですね。みなさん体調には十分注意してくださいね。

三連休は美味しい日本酒楽しまれましたか?またすぐにお酒が飲みたくなってしまうような動画を今日はご紹介します。

醸し人九平次

これは蔵元で製作され、Youtubeにアップされているものです。動画だけでなく、九平次さんはホームページもラベルもお洒落です。一度蔵元の久野さんにお会いしたことがあるのですが、びっくりするぐらいダンディな方で。蔵が志すものを体現しているような方でした。

酒米・山田錦の不足が問題となる中、九平次さんの若い蔵人さんが黒田庄で地元農家の方と協力し、自ら山田錦の栽培に取り組んでいます。その様子はFacebookで公開されていますので、ぜひご覧ください。

平成二十六年甲午二月四日 立春朝搾り(日本名門酒会さんより)

こんばんわ! Sake女将です。

毎日寒いですねー。熱燗、飲んでますか?

こう寒いと、早く暖かくならないものかと日々思いますが、あと1ヶ月もすれば立春ですよ!

立春とは旧暦では新年を示すので、とてもおめでたい日なのですね。昔から立春には様々な行事がおこなわれていますが、日本名門酒会さんでもこの立春に特別なお酒をご紹介されています。

平成二十六年甲午二月四日 立春朝搾り

日本名門酒会さんに加盟する蔵で、その日の朝に搾ったお酒を販売するそうです。なんかワクワクしますね!
予約は1月26日までとのことです。お求めはお早めに!!

【リリース情報】「お知らせ」の機能を追加しました!

こんにちは! Sake女将です。

今日が仕事始めという方も多いのでは?
明るいスタートになるよう、はりきってまいりましょう!

Sakenoteも新年早々、新バージョンのリリースです。

今回は銘柄および居酒屋情報の追加の他、新機能の追加をしました。
Sakenoteチームからアプリに対して「お知らせ」を送信する機能です!

これまで、新リリースをはじめとしたアプリ関連の情報は、このブログを中心に行ってきましたが、ブログの更新をアプリに通知できなかったので、お知らせが十分にお伝えできていませんでした。

今後はこの「お知らせ」を使って、アプリに関する重要な事項はユーザーのみなさんに積極的にお知らせしてまいります。忘れずにチェックしてくださいね!

ブログでのお知らせは、アプリに記載しきれなかった詳細内容を載せることもありますので、引き続きこちらもチェックしてみてください。

初詣にお勧めの情報

あけましておめでとうございます! Sake女将です。

東京地方は穏やかな気候の元日でしたが、みなさんがお住まいの地域はどんなお正月をお迎えですか?

元日、最初に行く「初詣」は地元の氏神様をお参りするのが正しい作法とのこと。もう行かれましたか?
その後は自分が頂きたいご利益とか、ご縁のある神社仏閣へお参りすればよいらしいです。そこで、日本酒好きのみなさんのご参考になればよいかと思うWebページをご紹介します。

聖地巡盃

東北地方の5地域について、各地の神社とその地域の酒造を巡る旅、そして宿でのお料理と日本酒のマリアージュを紹介しています。
今の季節は寒さが厳しい地域ばかりですが、お近くの方はお参りされてみてはいかがでしょうか?
過ごしやすい季節になったら、ここで紹介されているツアーで各地を訪れてみたいものですね。

次は最近よくお目にかかる「まとめサイト」です。

お酒の神様がいる神社まとめ

お酒の神様は、日本に少なくとも7社はあるのですね!その総社的存在である京都の「松尾大社」は、先日このブログでもご紹介しています。

この他にもお酒にまつわる神社仏閣がありましたら、ぜひお知らせください。

みなさま、健康で美味しくお酒が飲めるよう、お正月だからといって飲み過ぎないようにしてくださいね!
今年もSakenoteをよろしくお願いいたします!

【メディア】「世界一の九州が始まる!」DVDいただきました!

こんにちは。Sake女将です。

東京は昨日から続く冷たい雨ですが、みなさん風邪ひいてませんか?
こんな日は熱燗ですねー。

ところで、前回の投稿でお知らせした「世界一の九州が始まる!」はご覧いただきましたでしょうか?(九州、沖縄限定ですけど)

なんと、インタビューしていただいたRKB毎日放送のディレクター様から番組の全部をDVDで送っていただきました!

早速じっくりと拝見しましたが、これはいい内容です!喜多屋さんのお酒に対する情熱もよくわかりますし、お酒が作られる過程も丁寧にレポートされています。短い放映時間にも関わらず、お米の生産農家までレポートされていて、お酒を知る上でとても貴重な資料となる番組じゃないかと思います。
麹を丁寧にほぐしたり、しずく搾りをする様子など、日本酒ファンにはたまらない映像の数々!

ちなみに、女将のインタビューシーンは、なんかだらしなくって、ネガティブな意味でたまらない映像になってました。

一人でも多くの方に見ていただきたい!のですが、もちろんこれをインターネット配信してしまうと著作権的に違法なのでできませんが、ソニックガーデンのオフィスに来ていただければいつでもお見せしますよ!
といっても、このDVDを見るためだけにオフィスに来ていただくってのもなんですね。
なので、来年はSakenoteのファンのみなさんを集めたイベントなど開催して、そこでお披露目できればと思います。

来年のSakenoteは、確実にステップアップしますよ!
詳しいことはロードマップとしてまとめて、また後日記事にしますので、どうぞお楽しみに!

【Sakenote.tv】チャンネルのURLが決まりました!

こんばんわ。Sake女将です。

いよいよ明日の20時30分から、Sakenote.tvを放映いたします!

当初はソニックガーデンで保有している既存のチャンネルを使う予定でしたが、急遽Sakenoteのものを作成しました!

http://www.ustream.tv/channel/sakenote-tv

記念すべき最初の放送では、Sakenoteに関するご意見、ご質問などチャンネルのソーシャルストリームで受け付けます。
または、Twitterで#sakenote_tvのハッシュタグでつぶやいてください。
開発チームが何でも答えますよ!

追伸:
まだ登録者数0です!一番乗りどですか!!

【Sakteno.tv】Twitterでのメッセージを受け付けます!

こんにちは。Sake女将です。

突然の告知となったSakenote.tvですが「そに☆すた」のリソースを利用しての放映なので、同様にTwitterからのメッセージを受け付けます。

ストリーミングを見ながら「ツッコミ」とか「質問」など、Sakenoteチームに直接投げかけてください。

ところで、誰が映るのだろうか…。