「正宗」を冠した日本酒について

こんにちは!Sake女将です。
週末だ!清酒を飲もう!

なんとなんと!今年最初のブログ投稿になってしまいました!
年の初めのFacebookでの誓いは何だったんだ….?!

ということですが、今回はちょっと興味深い記事を見つけたのでご紹介します。


日本酒の銘柄「○○正宗」なぜ全国各地に?

わたしも以前から不思議だったのですが、日本中に「◯◯正宗」という日本酒ありますよね。
ラベルの字体も同じものが多く、どう考えても関連がありそうな。

ところが全く関係ない銘柄だったりするんですね!
「正宗」という銘柄が日本中で使われるようになった頃には、既に「正宗=清酒」という認識が一般的になっていて
商標権を主張することができないまでになっていたそうで。

それぐらい正宗という名前は、昔からの日本酒好きには馴染みのあるものなんですね。

全く関係ないながらも、正宗が清酒の代名詞ということならば、やっぱり飲み比べとかしてみたいものです。

今年のSakenoteイベントはこれでいこうかな!!

【佐賀新聞】天山酒造の日本酒マスク、モニター募集中

こんにちは!Sake女将です。

今年の梅雨は、最初から大雨が多くて困ります。みなさんの地域はいかがですか?

実はSakenoteスタッフにとっても近しい佐賀のお酒からニュースです。

【佐賀新聞】「日本酒マスク」モニター募集 31日まで

日本酒というか、日本酒の酵母が肌にとても良いということはご存知かと思います。
佐賀でも一二を争う人気の「七田」の天山酒造さんから、日本酒を使ったフェイスマスク「うるおい日本酒マスク」を発売。
そのモニターを6月30日まで募集されているそうです。

女将はですね、お肌に貼るよりも飲んで内側から効能を実感するので、よいです。
あ、でも「日本酒女子会」には行きたいなー。応募しちゃおっかなー。

Sakenoteアプリから酒蔵ホームページへアクセス

Sakenoteアプリから酒蔵さんのホームページにアクセスできることをご存じでしたか?

Pixelmator

こんな感じで酒造名をタップすると酒蔵さんのページに飛ぶことができます。

酒造さんおホームページですが、なかなか面白いところが多いです。酒蔵の歴史や味の特色、杜氏さんの紹介などなど、普段飲んでいるお酒をより身近に感じることができます。

自分が飲んだお酒がどんな蔵で造られているかを知れば、ますます美味しく感じますよね。最近は、ブログで酒造りの過程をアップしている蔵も多いです。まさに飲む前から楽しめる時代なんですね。

お気に入りの日本酒があれば、蔵開きなどのイベント情報をチェックしてみてもいいかもしれません。蔵開き、楽しいですよ。

島根は松江の名酒「李白」を訪ねて@李白酒造 / Visiting the famous “Rihaku” in Matsue of Shimane

日本酒好きのためのアプリ”SakeLover“の蔵元を担当している倉貫です。

Hello there! This is Kuranuki, who’s in charge of the sake brewery owner for our “SakeLover” app!

今回は島根県松江市に出張で来たので、せっかくならば、と仕事の合間を抜け出して「李白」を作っている李白酒造さんを訪れてきました。以前にも松江に訪れたときにお土産で買って帰った李白の美味しさに見事にはまってしまい、今回は蔵元まで訪ねるに至りました。

Since I was on a business trip to Shimane Prefecture’s Matsue city, I took the chance to sneak out between work intervals to visit the Rihaku brewery, makers of the “Rihaku.” On my previous visit to Matsue, I bought some Rihaku back as souvenirs, and have been so addicted to that wonderful taste ever since that it led to my visit to the brewery this time.

 
松江駅前からタクシーに乗って5分ほどで到着します。李白酒造を訪ねることを伝えると、運転手さんから「日本酒好きなんですね〜」と、そうなんです、好きなんですよ。

The brewery was a five minutes cab ride from Matsue train station.  When I told the cab driver I was visiting Rihaku brewery, he made a comment that I must really like Japanese sake! And my reply? “Yes, I do!”

 

到着すると大きな額に入った立派な「李白一盃」の文字が出迎えてくれます。そしてずらりと並ぶ美味しそうなお酒たち。

残念ながら蔵見学はできませんでしたが、試飲をさせて頂きました。

Unfortunately, I wasn’t able to tour the brewery itself, but I was allowed to sample the sake!

 

最初に頂いたのは、スパークリングの李白。甘さはなく、すっきりした味です。酒造のお姉さんによると、夏場はサイダー代わりに呑んでしまうそうです。色がほのかにピンク色なのは、黒米をつかっているからだそうです。

My first drink was a sparkling Rihaku. It has no sweetness and tasted refreshing. According to the lady at the brewery, people seem to be taking it as a cider substitute during summertime. Apparently, it has a subtle pink color because it was brewed from black rice.

そして、やはり純米大吟醸の李白を頂きます。うん、やっぱり美味しい。おつまみが欲しくなります。

Of course, it goes without saying that I tasted the Junmai Daiginjo Rihaku. And it goes without saying that it was wonderful. I wished I had a side dish to go along!

時期が秋ということで、新酒はまだないので、ひやおろしを頂きました。これも良い。

As it was autumn, the new sake hadn’t been brewed yet, so I took some hiyaoroshi* instead. It was good, too. (*Hiyaoroshi: Sake pasteurized once just after brewing but released in the fall without the usual second pasteurization.)

 

お酒だけでなく、まわりを見渡すと日本酒好き(SakeLover)的には興味深いものがたくさん飾られています。昔の蔵人さんたちの写真や、精米後の米など。35%まで精米すると、本当に丸い米粒になってしまうんですね。贅沢です。ですが、だからこそ美味い酒ができるんです。

A quick look at the surroundings is all you need to see that sake isn’t the only thing that will catch a Sake Lover’s eye here. Interesting artifacts like photos of the brewers of old and polished rice adorn the walls. When a grain of rice is polished to 35%, it becomes really round! Utterly luxurious! And that’s also why the sake is so delicious.

色々と試飲をしながら、日本酒好きのためのアプリ、我らが「SakeLover」を酒造の方に説明させて頂いて、好感触を得ることができました。そして、5代目の若社長にも興味をもってもらえて、なんと名刺交換させて頂きました。いや〜、我ながら良い仕事しました。

As I sampled a few things here and there, I explained our “SakeLover” app to the people from the brewery, garnering some positive feedback as I did. The brewery’s young president (the fifth successor) expressed interest as well, and we even exchanged name cards! Job well done, if I do say so myself.

「全種類試飲していってください」という若社長のお言葉に甘えて、すべてのお酒を頂いてしまいました。

“Please go ahead and sample everything,” the young president offered, and I took him up on his gracious invitation.

どれも美味しかったなぁ。変わり種は、花の麹から作られたお酒です。島根県の県花である牡丹をつかった花麹のお酒、呑んだ後にほのかに花の香りが口の中に残ります。

Everything tasted so good… The sake that was brewed from malted peony (the Prefecture Flower of Shimane) was the anomaly amongst the lot, leaving a faint flowery fragrance in your mouth after a sip…

そして、なんと「本みりん」も頂きました。

And, believe it or not, I even got to taste the “Honmirin.”

みりんを呑んだのは初めてですが、なんとも香り深く、そして味わい深いものでした。上品な甘みが口の中に広がります。豆乳と混ぜてカルアミルク風にしちゃうのもオツらしいです。甘口でクイクイいけるけれど、度数は割としっかりしています。

It was my first time drinking mirin**, with its strong fragrance and taste, allowing that exquisite sweetness to spread in my mouth. Making it like kahlua milk mixed with soymilk was a tasty decision too. Though sweet and gentle, its alcohol content is surprisingly substantial.
(**Mirin: Sweet cooking sake.)

李白は海外でも”Wandering poet”というキャッチフレーズを付けることで沢山のファンがいるそうです。なんだか洒落てますね。

Rihaku has a strong fanbase worldwide, to the extent that some have given it a swank-sounding “Wandering Poet” subtitle!

李白酒造さんを訪ねて、そこの人たちとお話したことで、より一層、李白が好きになりました。もちろんお土産用に買って帰りましたよ。

また来たいです。

Visiting Rihaku brewery and speaking to the people there have made me even more fond of Rihaku than before. It goes without saying that I bought some back as souvenirs!

I hope I can visit again!

年に一度の蔵開き @小澤酒造 / Annual Brewery Open House

(SakeLoverはSakenoteとしてリニューアルしました 2013/6/21)

東京は奥多摩にある小澤酒造さんでは、酒造りが始まるこの時期に「蔵開き」と称してお酒愛好家向けにイベントを開催しています。格安での利き酒やふだんは入れない酒蔵見学など日本酒Loversには堪らないお祭りなのです。

The Ozawa Sake Brewery in Okutama, Tokyo held a “Brewery Open House” event for sake lovers this sake production season. With perks like affordable sake tasting and the opportunity to visit a usually off-limits sake brewery amongst other things, it’s a festival no self-respecting sake lover would think to miss!

もちろん、日本酒アプリを開発中の身としては駆けつけないわけにはいきません。7:44新宿発ホリデー快速おくたま号に乗り込みいざ小澤酒造へ!

Of course, there’s no way we wouldn’t fly to the event, as Japanese sake app developers ourselves. We set off for the Ozawa Sake Brewery from Shinjuku at 7:44 on the Holiday Rapid Service!

とその前に、小澤酒造がある沢井駅を一つ越えて御嶽駅からケーブルカーで御嶽山へ向かいました。現在開発中の日本酒アプリSakeLoverのヒット祈願を御嶽神社で行うためです。気合入ってます。

Before that, however, we headed to Mt. Mitake by taking the cable car from Mitake station, one stop after the Sawai station where the Ozawa Sake Brewery resides. Our purpose was to pray at Mitake Shrine for the SakeLover Japanese sake app-in-development to become a big hit. Can you tell we’re all fired up?

img_8230

ふたたび御嶽駅に戻って多摩川沿いを沢井駅にある小澤酒造を目指しててくてくと散策。多摩川といってもここまでくると清流といった感じで水がとってもきれいです。

We returned to the Mitake station and steadily made our way to the Ozawa Sake Brewery at Sawai station by strolling down Tama River. The water of the river all the way here felt more like a clear stream, and it was beautiful.

20分ほど歩くと会場に到着です。既に中庭では即売の一升瓶を手に皆さん良い感じに盛り上がっています。これは楽しそうだ〜。

After about 20 minutes of walking, we arrived at the venue. The courtyard was already bustling with activity, packed with visitors holding bottles of sake sold on-the-spot in their hands. This looks fun!

6012ea4c201111e2b41b22000a1f9a15_7

img_8236

img_8259

一息ついてから蔵見学の列に並びます。行列中もスタッフの方が「まずはいっぱい」と振る舞ってくれます。こんな歓迎ムードがいいですよね。

As we paused to sip our drinks, we joined the queue for the brewery tour. The staff kept urging us to ‘Have a drink first!’ while we were in the queue, creating an excellent atmosphere of warm welcome.

img_8267

酒蔵内には高さ3mほどのタンクがところ狭しと並んでいます。昔は杉樽だったのがホーローやステンレスに変わっていったとのこと。

The inside of the brewery was packed with tanks around 3 meters tall. The barrels used to be made of Japanese cedar, but have now been changed to materials like enamel or stainless steel.

酒蔵見学コースでは10mぐらい置きぐらいにお酒を置いたテーブルが並んでおり、澤乃井の全銘柄(大吟醸から梅酒まで!)が振る舞われます。これは楽し過ぎる… ちなみに私は元禄という純米酒が旨口で好みでした。食中酒にいい感じですね。

Every 10 meters or so in the brewery tour route, there are well-placed tables with Sawanoi’s full catalog (from Daiginjo to Umeshu*) on display, making the entire tour very enjoyable. Incidentally, a Junmai-shu by the name of Genroku** suited my palate the most. It goes with meals and is pleasant tasting.
(*Plum liqueur, made with plum and sake.)
(**A Japanese sake brand name.)

img_8268

小澤酒蔵は明治時代に建てられた蔵がそのまま残されており、漆黒の古い梁が歴史を感じさせます。こうした過去から連綿と続く技法や施設を大切に守るところが酒造りの文化たる所以なのかもしれません。

Ozawa Sake Brewery was built in the Meiji era and had been left untouched since. The ancient, jet black beams really bring you back in time. The great regard placed on continuing the methods and facilities of old may just be what defines the sake brewing culture.

img_8280

実験的に昔ながらの杉樽での醸造もしているのとこと。杉特有のきつい香りではなく木のふくよかな香りがしました。いわゆる樽酒とは全然違って上品な風味です。これも好き。

Apparently, they’re also experimenting with brewing sake using Japanese cedar barrels like the old times. It has a full and woody fragrance instead of the harsh smell characteristic of Japanese cedar – an exquisite flavor distinct from barreled sake. I like this too.

img_8285

飲み過ぎちゃってそろそろ味が分からなくなってきたなぁ〜、といったところに仕込み水が用意されていました。うれしい配慮ですね。ちなみに、お酒を飲むときは同量のお水とともに飲むと悪酔いや二日酔いを防げますよ。

Just when you’re thinking you’ve had so much to drink you’re almost losing your taste buds, you discover that they’ve prepared some sake brewing water for you! How considerate! Drinking an equal amount of water and sake can prevent drunken frenzies and bad hangovers.

img_8290

なにやらひときわ長い行列が。澤乃井の最上級酒、純米大吟醸 「梵」が振る舞われています。やはり皆さんいいお酒をご存じです。ここだけを何度も往復してる人も (^^;)

That’s quite a long queue. They’re serving the Junmai-Daiginjo “Bon*”, Sawanoi’s highest grade sake here. Everyone has good sake taste, eh? Some people kept coming back only to this place, too!
(*A Japanese sake brand name.)

img_8301 (1)

澤乃井を作る湧き水です。トンネルを入るとこのようにライトアップされて見ることができます。小澤酒造さんはこうしたディスプレイがうまいですね。細かい部分に「おもてなしの心」を感じます。

The spring water Sawanoi produces, which is visible because the tunnel has been lighted up like this upon entering. The Sawanoi brewery excels in crafting such fine displays. The effort they put in to “extending hospitality” to the visitors is evident in the little details.

64753f421ff111e2829522000a1fa769_7-1

蔵コースを終えて出てきたところ、まだまだ行列は途切れませんでした。蔵見学は15時には終わってしまうので早めにいった方がいいですね。ちなみに入場は何度でも可能とのこと。太っ腹です。

We’ve reached the end of the tour, but the queue isn’t abating at all. The tour closes shop at 1500 hours, so I guess it’s best to get in as early as possible. They’ve generously allowed visitors to take the tour multiple times if they so desired, too!

来場者がみなニコニコと本当に楽しそうなのが印象的でした。酔っぱらっても泥酔してる人は皆無で、まさにお酒愛好家向けのイベントといった感じでした。来年も是非行きたいものです。

It was impressive that all the visitors were smiling away and looking like they were enjoying themselves. Some did get drunk, but none became heavily intoxicated. Truly an event for sake lovers! I’d love to take part next year too.

この後、河辺駅にある温泉で汗を流してお酒アプリの打ち合わせを少ししてから帰途につきました。

After the event, we sweated it out at the hot spring in Kabe station while having a light discussion about the app. Then we made our ways back.

picasa-31

日本酒を愛する人たちとそれを造りだす蔵人たちの熱い想いに触れ、我々もこの日本酒の世界に役立つアプリを早く出すぞ、と気持ちを新たにした一日でした。

We’ve renewed our desire to release an app that will be of great help to the Japanese sake world this day, having been touched by the passion and enthusiasm of the people who love Japanese sake, and the brewers who make them.

今回の「御嶽山〜川散策〜蔵開き〜温泉」は奥多摩の自然と日本酒を満喫できるオススメの一日コースですよ。来年の蔵開きには是非どうぞ!

Our “Mt. Ontake – River Stroll – Brewery Open House – Hot Spring” trip this time has allowed us to thoroughly enjoy Okutama’s natural sights and Japanese sake! Do come to the brewery open house next year!

蔵開き

秋も深まってきましたが全国の蔵では酒造りが始まる季節ですね。

東京の「小澤酒蔵」さんでは日本酒ファンを対象に蔵開きが開催されます。実際の蔵を見ることでお酒への理解を深めれば味わいもかわってくるかも!

利き酒なんかもできるので楽しそうです。

我々開発チームも試作品のアプリを片手に遊びに行く予定です!