2015年 一番人気だった日本酒はこれだ!

酒ライブを眺めながら一杯やるのが趣味のTouji(@Sakenote2012)です。

今飲まれている酒が分かる魅惑の酒ライブ

「今」飲まれている日本酒が分かる魅惑の酒ライブ

2015年、皆さんの日本酒生活はいかがでしたか?

今年も沢山の日本酒銘柄がSakenoteに登録されたわけですが、せっかくなので、

日本全国からSakenoteへ日々寄せられる「このお酒美味しかったよ!」の声を集計してみました。

年末スペシャル企画、題して、

『2015年 一番人気だった日本酒はこれだ! 第一回Sakenoteアワード!』

を開催いたします!パチパチパチ。

それではさっそくいってみましょう!

皆さんも、予想しながら読んでみてくださいね。

 

【銘柄部門】

Sakenoteに投稿された最多銘柄を第三位からご紹介します。

第3位 獺祭

年間投稿総数590件。いきなり来ました!昨今の日本酒ブームに火を点けたとも言える「獺祭」。

磨いてますっ!

磨いてますっ!

蔵元は山口県の旭酒造さんです。 ファーストクラスでの採用など、日本酒を世界に拡げるユニークなマーケティングへの注目度も高いです。

酒造りへのこだわりはこちらをごらんあれ。洗米は全て手で行われているですね。

 

そして第2位は...

 

第2位 鍋島

年間投稿総数665件。佐賀県は富久千代酒造の鍋島!幅広く人気を集め堂々の第2位でした。

Tシャツにして欲しいぐらいの粋なラベルデザイン達

Tシャツにして欲しいぐらいの粋なラベルデザイン達

ライブを眺めていても頻繁に鮮やかなラベルを目にします。

鍋島ブランドの誕生は1998年とまだ若いのに、幾多の賞を獲得している若手杜氏が有名です。

味はもちろん思わず記録したくなるラベルもポイントが高いです。(過去記事:かっこいいラベルの撮り方

 

そしてそして、2015年 Sakenote一番人気銘柄、栄えある第一位は!

ジャジャジャジャーン♪(ドラムロールのつもり)

 

年間投票総数1,156件

 

第一位 新政

 

日本酒界における新進気鋭の新政(秋田県)が第一回Sakenoteアワードを獲得しましたっ!

おめでとうございます!!!

2位以下を大きく引き離す1,156件もの投稿数を記録。大人気でした。

2015年 一番人気!

2015年 一番人気!

新政酒造(秋田県)は、東大卒の8代目によって普通酒主体の酒蔵から純米造りの蔵へと大きくその姿を変えた。協会六号酵母の発祥蔵でもある新政のNo.6シリーズやCOLORSなど意欲的な日本酒を造り出したほか、秋田県内の蔵元から若手5人が集まって「NEXT5」を結成、酒造りの主要工程をそれぞれが分担して共同醸造するという試みにも多くの注目が集まっている。(毎日ニュースから)

2015年の日本酒界でも様々な話題を提供してくれた新政人気はSakenoteでも健在でした。

ちなみに4位以下は次の通りです。

4位 風の森
5位 醸し人九平次
6位 而今
7位 写楽
8位 十四代
9位 鳳凰美田
10位 仙禽

来年はこの中から一位に躍り出る銘柄が出てくるかも知れませんね!

 

【乾杯部門】

こちらは投稿された銘柄に最も「乾杯」が記録された銘柄、つまり「わたしも大好き!」「飲んでみたい!」という全てのSakenoteユーザの想いが集ったお酒ともいえるお酒達です。

それでは第七位から一気にどうぞ。

 

第7位 而今 10810乾杯

第6位 獺祭 10,906乾杯

第5位 写楽 10,977乾杯

第4位 風の森 11,017乾杯

第3位 醸し人九平次 11,063乾杯

第2位 鍋島 17,272乾杯

第1位 新政 26,720乾杯

ここでも1、2位は安定の強さ。3位以下は拮抗してますね。

皆さんも自分が応援しているお酒を見かけたら気軽にSakenoteアプリから「乾杯!」してみてくださいね。 kampai

 いかがでしたでしょうか?2015年 第一回Sakenoteアワード。皆さんの予想は当たりましたか?

年末年始は日本酒を飲む機会が多いと思いますが、美味しかった記憶はぜひSakenoteに記録してくださいね。

それでは来年もよいお年を!

 

あー、あと最後に大事な一言を。日本酒飲むときは和らぎ水も忘れずに!

 

<日本酒アプリ Sakenote(サケノート)について>

日本酒アプリSakenoteは飲んだお酒をサクッと記録して、みんなが飲んでるお酒も鑑賞できる優れもののアプリです。

ダウンロードは下のリンクから!無料です!

Pinterest始めました!

おはようございます! Sake女将です。

ずいぶんと年の瀬も押し迫ってまいりましたね!みなさんは、忙しい年末を過ごしながらもお正月に飲むお酒を気にしているところでしょうか?

さて、みなさまはPinterest(ピンタレスト)というサービスをご存知でしょうか?

webで気になった記事を、切り取ってボードに貼付けるように“ピンを押して”とっておけるサービスです。

リアルなボードと違うのは、誰かのボードを自由に閲覧して、その人がどんなことに興味を持っているか知ることができるというものです。

 

SakenoteでもPinterestを始めました!もちろん日本酒に関する情報と画像を専門にピンしていきます。みなさま、ぜひフォローお願いします!

https://www.pinterest.com/sakenote/

 

【MA11】SakenoteAPIを使った作品が受賞!

こんにちは! Sake女将です。

すーっかり寒くなりましたね!熱燗とおでんが恋しくないですか?

 

去る11月18日、Mashup Award 11の授賞式が行われました。

毎年SakenoteはAPI提供企業として参加させていただいておりましたが、今回は諸事情によりAPIパートナーにはエントリーはしておりませんでした。

にもかかわらず!3チームもSakenoteAPIを使って出品していただいたようです!
Hacklog SakenoteAPI

 

そしてそして、そのうち2作品が受賞!

俺のぐい呑み byドランカーズ(チームワーク賞、株式会社構造計画研究所 賞)

おもカジ by ものぐさ6(CODE for IKOMA賞)

受賞一覧はこちら。

 

残念ながら受賞には至らなかった御酒印帳 by TEAM_8号線様、一番のお酒Sweetな作品でした!MA11にはありませんが、女将賞を差し上げます!!(副賞なし…。)

SakenoteAPIは、いつでもお使いいただけるようになっております。MA11に限らず、Sakenoteの豊富なDBをご活用ください。(但し、非商用に限らせていただいております。)

 

【日本酒イベント】第二回 食と酒東北祭り

「第二回食と酒 東北祭り」が、来る10月17、18日につくばで開催されます!

以前Facebookでページの告知はいたしましたが、ホームページの情報も揃ってきたとのことで、あらためてブログにてご紹介いたします!

 

content_accf102caaa970ce65d217b9ae9a8e9a57caa67c

 

以下、スタッフの方からいただいたメッセージです。入場は無料ですので、お近くの方はぜひお立ち寄りください!

————————-

食と酒東北祭りは、東北の店舗を出店していただくことで、東北自慢の食、酒をその場で味わうことの出来るお祭りとなっています。

第一回食と酒東北祭りは昨年3月21,22日に同会場で行われ、目標としていた3千人を超え、4200人もの方に来場いただきました!!

その時はまだ少ない実行委員ではありましたが、今年は50人の実行委員で、出店店舗も拡大して今年10月17,18日に同会場で行われる第二回食と酒東北祭りに向けて準備を進めています。

食と酒東北祭り実行委員会は、東北を応援したい、という思いから大学生により結成された学生団体です。
出店してくださる東北の方、協賛をいただいている方など、たくさんの方の協力の下で、食と酒東北祭りは、開催することが出来ます。

東北を応援したい、その一心でこのお祭りを成功させたいと考えています。そのために、私達は綿密に準備を進めてきました。きっとどんな方にも楽しんでもらえるようなお祭りになっていると思います。
多くの方にご来場いただき、被災地のこと、東北のことを少しでも身近に感じていただけたら、嬉しいです。

131f0221b7d6fd22bca354d3aa31ec79839c7a67 1256510_490122304474071_8887136698949444992_n 1003379_298405410312429_673798243_n 10007447_298405273645776_1236419794_n DSC_0479

Jazzとフルートと日本酒と。

こんにちは!Sake女将です。

もう「暑い!」とか、聞き飽きました?そうですよね。わたしも書き飽きました! \ (^o^)/

2015-08-05 20.50.24

先日、Sakenoteのbotがリツイートしたこれ、ご存知ですか?

https://twitter.com/kojinori/status/628157653814939648

Jazzフルート奏者である小島のり子さんのツイートなんですが、これ見て「何ぞ?!」と思った女将はですね、早速8月5日のライブに行ってきました!

小島のり子:ホームページ ブログ

 

11796215_855730597813826_3834130804640555399_n

今回のライブは6月に発売したアルバム「anyway」収録曲を中心にした内容で、その1曲目である「Looking Up To The Sky」は愛媛の協和酒造「初雪盃」の味わいをイメージした曲なので、この日のライブでは初雪盃を飲みながら演奏を聴けるという、Jazzと日本酒が好きな人にはなんとも贅沢な内容となっておりました!

ライブの構成は小島さんのフルートを中心に、ギターとウッドベースのトリオでした。

0805blog1

この日は、千歳烏山のTUBOというライブハウスにて。お客さんの多くは常連さんのようで、ライブの前後で小島さんと親しげにお話されている様子が多く見られました。小島さんもとても気さくな方で、わたしは開演より相当前に会場へ到着したのですが、すぐに女将とわかっていただけたらしく、すぐに優しい笑顔でお声掛けいただきました。

ライブハウスは通常、入場時にミュージックチャージを入り口で支払って、好きな場所に座って演奏が始まるのをお酒やおつまみをいただきながら待つのです。チャージの他に1ドリンク注文するのがだいたいの決まりなのですが、ここではもちろん「初雪盃」をオーダーされるかたばっかりです!(女将、暑かったので生ビールから…。)

女将もちょっと音楽かじるんですが、ジャズはトリオのインストゥルメンタルが一番好きです。最小限の編成で表現できる幅が本当に広いなーと感じるのがトリオだと思うのです。人数が多くなれば音も厚くなるのは当たり前なんですが、そこを少人数でいろんな音を作り出すトリオって面白いなーと、いつも思います。

でもフルートでのトリオを生で聴くのは初めてだったので、とても新鮮な感じでした!

ライブ後に小島さんからお話を聴いて一番印象に残っているのが

管楽器は呼吸を音楽にするので、お酒をイメージした曲を演奏すると、不思議と口の中でその味わいが甦ってんですよね。演奏中なのに。

もちろん、演奏の最中にお酒を飲むことはないそうですけど、曲のイメージから味わいが再現されるって、素敵ですよね!

2015-08-05 22.09.19

 

小島さんは今までに27曲もの日本酒をイメージした曲を作っていて、アルバムも発売されています。

それぞれのアルバムにどんな曲が収録されているかはリンク先から見ていただくとして、みなさんが気になる「日本酒の曲」について、それぞれ書いておきますね!

 

Looking Up To The Sky /初雪盃(はつゆきはい)純米吟醸、生原酒
A Daydreamer/菊石(きくいし)純米酒、夢ゆたか
Brilliant Waterfall/岩の蔵(いわのくら)純米吟醸
Kagiroi/春鹿(はるしか)純米、超辛口

 

Snow Notes/雪譜 純米
Since We Met/國の寿 特別純米
A Little Cascade/越乃景虎-名水仕込 特別純米
Blues In The Sky/浦霞 純米
Primaveral/阿櫻 純米吟醸-秋田酵母No.12
Not To Worry/田酒 特別純米
The Cool Kite/加賀鳶 純米吟醸
October The First/開運-呑み切り一番 特別純米

(このアルバムはiTunesでも購入可能です。 こちら

 

このアルバムは、銘柄名がそのまま曲のタイトルになっているものがほとんどです!

獺祭 磨き三割九分
開運 特別純米
月の井 純米吟醸無濾過
ほととぎす|大七 純米生
藤のかげ(月不見の池をイメージしていると、小島さんから直接お聞きしました。)
七田 純米無濾過
温羅 無濾過生原酒
鶴齢 純米吟醸

 

このアルバムから銘柄を見つけられなかったのですが、ご紹介だけしておきます。

また小島さんにお話を聞けたら、このアルバムの中に日本酒と関連する曲があるか聞いておきますね!

 

オッターズ・フェスト

こちらは獺祭という銘柄名からだけイメージして作った曲だそうで、その後は飲んだ印象を曲にしているとのことでした。

獺祭さんとの面白いエピソードもお聞きしてきました。

日本酒の銘柄をイメージした曲をアルバムにするなら、その蔵に許可を得たほうがいいということで、出羽桜酒造と獺祭の旭酒造へ許可をいただく連絡をしたそうです。それぞれ快くお許しいただいたそうです。

それからしばらくしてとあるライブのとき、スタッフから「今日は山口からわざわざ来場されたお客様がいますよ」と言われたので、小島さんがご挨拶に行って「今日は山口のお酒の獺祭をイメージした曲もやるんですよ!」と、そのお客様に言ったら「その旭酒造から来ました。」と、そのお客様。名刺交換したらなんと、桜井社長だったとか!

ライブ終了後でまだテンションが通常に戻らない状態で、いろいろとお話をお聞かせいただいたのですが、まだまだお話したいことがたくさんあって、今度はゆっくりとお酒を飲みながらお酒のお話をしましょう!とお約束して帰ってまいりました。

小島さんの日本酒をフューチャーしたライブは、まだ以下の予定で開催されます。(8月4日現在の情報)

8/25(火)錦糸町・EARLY BIRD 03-5608-1083
¥3,000(1dr付)8:00~田口悌治(g)澁谷盛良(b)CD発売記念ライブ
墨田区錦糸2-3-9 アライビル301
http://e-birdmusic.com/index.html
未定ですが、菊石酒造の「夢ゆたか」を楽しんでいただこうかと思っています。

8/27(木)三軒茶屋・Whisper 03-5787-5794
http://whisper.co.jp/whisper/
小島のり子カルテット-田口悌治(g)澁谷盛良(b)小泉高之(d)CD発売記念ライブ
チャージ2,800(TC500+Mチャージ2,300)または、CD1枚付きのチャージ4,300(お得です!!) 7:30〜
この日は「春鹿超辛純米」をを楽しんでいただけます。

他にもライブ予定はありますので、小島さんのホームページもしくはブログでご確認ください。

いかがですか?Jazzと日本酒を楽しむ夏の夜、なんてのは。女将、25日もライブ出没予定です!

 

スマートフォンで上手にラベル写真を撮る方法。

こんにちは!Sake女将です。

日本全国、暑い日が続いてますねー。ようやく週末になりましたので、美味しいお酒で一息を。

 

Facebookでは主に写真を入れて記事を投稿しているのですが、ラベル写真を投稿したときの閲覧数がすごく多くなる傾向にあるのです!ラベルじゃない写真で投稿したときとはおよそ5倍ぐらい違います。

最近投稿したこの写真も、大変多くの方に見ていただきました。この写真、よく撮れているでしょう?

blog0731_1

Sakenoteは基本的にラベル写真を記録していただくアプリでもあるので、ラベル写真は少しでも上手に撮っておきたいですよね。

そこで今回は、ユーザーさんに教わったスマートフォンで上手にラベル写真を撮る方法を大公開いたします!

まず、上の写真が普段と違うのは「ラベルを下から仰ぎ見るように」撮っていることなんです。

ただ、下から仰ぎ見るようにスマートフォンを持つためには、瓶よりも下の方に構えるしかありません。テーブルの端ギリギリに瓶を置いて、こんな状態になると思います。

P7310042

いつもこのように撮れるならよいですが、お店などではテーブルの上に置ける場所が限られていたりして、そう簡単にはいかないときもありますよね。

そこで、こうやってスマートフォンを逆さまに持つのです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

カメラがテーブルの面ギリギリになるぐらい、下から上に向けて撮ることが可能になります。

 

ということで、上の2方法で撮ってみた写真がこれです!
まずこちらが、テーブルの下のほうから撮った写真。

2015-07-31 14.18.14

 

カメラを逆さまにして、下の方から撮ったのがこちらの写真。

2015-07-31 14.19.26

 

ちょっと角度がアレでしたが、どうでしょうか?普段の正面から撮ったラベル写真より、迫力のあるものが撮れると思います。

みなさんも早速今夜、試してみてはいかがでしょうか?

 

(ちなみに、モデルになった「甲子活性にごり」は女将のストックです。)

 

 

西国・神奈川地酒フェスティバル in 横浜2015

こんにちは!Sake女将です。

関東地方も梅雨明けし、本格的な夏ですね!
こんなときはどうしても「ビール」が欲しくなると思うのですが、日本酒ファンのみなさんにはどうも裏切り感を持ってしまう、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
いえいえ、そんなことはないんですよ。
最初にビールで乾きを落ち着けたり、口の中を一度さっぱりさせておいてから、芳醇な日本酒を味わうのは理に適った手順なんだそうです。
ただ、1杯目のビールでお腹いっぱいになるほどには飲まないほうがいいですね。日本酒専門店では「乾杯ビール」などの名前で小さめのビールを置いてあるところもあります。そういうお店は気が利いてますね!

さて、長い前置きはこの辺にして。

Facebookで数回告知しておりましたが、去る2015年7月20日に開催された「西国・神奈川地酒フェスティバル in 横浜2015」に、女将が取材しに行ってきました!

blog4

場所はJR関内駅とみなとみらい線日本大通り駅の間ぐらいにあって、昔からの繁華街だったエリアにあるホールのエントランスエリアで行われました。

決して広い会場ではないのですが、程よく来場者もいらっしゃって盛況でした。天井が高く、開放感があったのが狭く感じさせなかった要因じゃないでしょうか。
よく、歩くのも大変なイベントもありますが、各酒蔵さんのブースへ移動するのに難儀することはありませんでした。
blog1

今回の出展は全部で13蔵で、そのうち9蔵が関西圏(つまり西国)、4蔵が神奈川の蔵元でした。

出展されたお酒のラインナップは以下の通り。

<西国>
玉櫻/玉櫻酒造(島根県邑南町)
・純米生もと 山田錦65

竹生嶋/吉田酒造(滋賀県高島市)
・ヨキトギ 純米吟醸 生原酒
・竹生嶋 吟吹雪 純米酒
・壷中重星霜(こうちゅうせいそうをかさねる)吟吹雪 純米大吟醸 平成15酒造年度

花垣/南部酒造場(福井県大野市)
・花垣オーク樽貯蔵 純米大吟醸720
・花垣 超辛純米

津島屋/御代櫻醸造(岐阜県美濃加茂市)
・津島屋 純米大吟醸 備前産雄町 無濾過生原酒
・津島屋 純米酒 播州産山田錦 無濾過生原酒 25BY

一博/中澤酒造(滋賀県東近江市)
・一博 純米 うすにごり生酒
・一博 純米吟醸 うすにごり生酒

舞美人/美川酒造場(福井県福井市)
・舞美人 純米大吟醸 無濾過生原酒 「自社田 山田錦40%精米」
・舞美人 山廃純米 無濾過生原酒 sanQ

竹雀/大塚酒造(岐阜県揖斐郡)
23BY 山廃純米酒 山田錦×五百万石 精米61%
26BY 山廃純米無濾過生 雄町 精米70%

<神奈川>
松みどり/中澤酒造(神奈川県足柄上郡)
・純米酒 松みどり
・純米吟醸 松みどり 雄町 生酒

相模灘/久保田酒造(神奈川県相模原市)
・相模灘 特別本醸造 おりがらみ
・相模灘 特別純米 槽場詰め

昇龍蓬莱/大矢孝酒造(神奈川県愛甲郡)
・残草蓬莱 純吟Queeen 槽場直詰生原酒
・残草蓬莱 純米 緑ラベル

いづみ橋/泉橋酒造(神奈川県海老名市)
・黒トンボ 生酛純米酒
・楽風舞 純米酒
・恵蒼ラベル 純米吟醸

中には変わったお酒や、まだあまり知られていないお酒などもあると思います。
全ての瓶は揃えられなかったのですが、出展蔵の瓶を並べた写真がこちらです。

blog2

また、今回は夏場ということで食べ物の持ち込みは禁止となっていたのですが、各蔵で地元の名産や手作りの「あて」を提供されていました。

この中で女将が一番印象に残ったのは、福井県の美川酒造場さんの「越前からし麩」でした。
福井の伝統的な郷土料理で、水で戻した麩をよく絞って、和からしと西京味噌を合わせたもので和えたのだそうです。西京味噌の自然な甘さと、和からしの適度な刺激が合わさって、辛めの日本酒に合うお料理でした。
blog3

他にも郷土色豊かなおつまみがあって、大規模なイベントにはないアットホームな雰囲気の日本酒会でした。
女将、今回はオープンからクローズまで、スタッフの方にもお世話になりました。本当にありがとうございました。

また、女将があちこちの蔵へご挨拶に行っていると、お隣にいた方に何回か「Sakenote使ってます!」とお声掛けいただきました!イベントでSakenoteを知ってくださっている方とお会いすることが少しずつ増えてまいりました。とっても有難いことです。

こんなイベントの時こそ、飲んだお酒を忘れないためのSakenoteをご活用ください!

「正宗」を冠した日本酒について

こんにちは!Sake女将です。
週末だ!清酒を飲もう!

なんとなんと!今年最初のブログ投稿になってしまいました!
年の初めのFacebookでの誓いは何だったんだ….?!

ということですが、今回はちょっと興味深い記事を見つけたのでご紹介します。


日本酒の銘柄「○○正宗」なぜ全国各地に?

わたしも以前から不思議だったのですが、日本中に「◯◯正宗」という日本酒ありますよね。
ラベルの字体も同じものが多く、どう考えても関連がありそうな。

ところが全く関係ない銘柄だったりするんですね!
「正宗」という銘柄が日本中で使われるようになった頃には、既に「正宗=清酒」という認識が一般的になっていて
商標権を主張することができないまでになっていたそうで。

それぐらい正宗という名前は、昔からの日本酒好きには馴染みのあるものなんですね。

全く関係ないながらも、正宗が清酒の代名詞ということならば、やっぱり飲み比べとかしてみたいものです。

今年のSakenoteイベントはこれでいこうかな!!

【イベント】Joy of sakeに今年も出展します!

こんにちは! Sake女将です。

日本最大級の規模で開催される「The Joy of Sake」に、今年も出展させていただくことが決まりました!

370選以上の日本酒と、味に自信のあるレストランによる出店。そこにSakenoteは「日本酒イベントに最適なアプリ」をご紹介するために出展いたします。

女将も当日は会場におりますので、ぜひSakenoteブースにお立ち寄りください!

chirashiTk01J_A-3 (1)

【Mashup Award】SakenoteAPIは今年も参加します!

こんにちは! Sake女将です。

先に表題の件と別のお知らせをしますと、iOS8での不具合は、現在Appileへの申請を終えてレビュー中です。リリースまでもう少しお待ちください。

ということで、本題に。

今年もSakenoteはMashup AwardにAPI協賛いたしております!
http://mashupaward.jp/apis/151

応募締切は10月24日。あと16日です!
今年もお酒好きのエンジニアさんが喜びそうな副賞を用意しようと思ってます。

奮ってご応募ください!