【Mashup Award】SakenoteAPIは今年も参加します!

こんにちは! Sake女将です。

先に表題の件と別のお知らせをしますと、iOS8での不具合は、現在Appileへの申請を終えてレビュー中です。リリースまでもう少しお待ちください。

ということで、本題に。

今年もSakenoteはMashup AwardにAPI協賛いたしております!
http://mashupaward.jp/apis/151

応募締切は10月24日。あと16日です!
今年もお酒好きのエンジニアさんが喜びそうな副賞を用意しようと思ってます。

奮ってご応募ください!

【不具合情報】iOS8アップデート後の不具合が発生しております。

既にアプリ内のお知らせ機能でアナウンスしておりますが、iOS8へのアップデート所以と思われる不具合が、ユーザー様から複数報告されております。

代表的な現象は以下の通りです。

・マイ酒リストのデータが消えた
・マイ酒に新しいデータを投稿するときの写真貼付で、2枚目以降を追加しようとするとエラーになる

両現象とも現在調査中です。原因がわかり次第対応いたしますので、今暫くお待ちください。

また、iOSのアップデートを実施する前には、必ずバックアップデータを作成していただくよう、お願いいたします。

不具合に関する追加情報がある場合は、本ブログの他にFacebook,Twitterおよびアプリの「お知らせ」機能にて告知いたします。

ユーザーの皆様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

【イベント】「復興バー@銀座」に行ってきました!

こんにちは!Sake女将です。

まだ梅雨が続き、鬱陶しいですねー。

さて、今回は久々の女将イベント突撃レポートです!

「復興バー@銀座」

この復興バーは、日替わりでマスターが変わり、供されるものも日替わりというもの。
女将がお邪魔したのは6月24日の「青木哲夫とまみおの会 with Koppy」です。Koppyさんがお友達なので。

1Fのフロアでチケットを購入し、地階のカウンターで、注文する料理か飲み物と名前をチケットに記入して渡すシステムです。

この日もたくさんの品数がメニューとして挙っていました。
写真 2014-06-24 19 19 24

女将はこの2品を注文。

フレッシュトマトのモツ煮
写真 2014-06-24 19 17 59

日本酒と焼酎の利き酒セット(おつまみ3品付き)
写真 2014-06-24 19 03 25

日本酒は「日高見」がメインでしたが、男山などの品揃えもありました。
写真 2014-06-24 19 33 31

会場となっている建物は決して広いものではないため、退社時間後ぐらいのピークにはほんの少しの隙間もお客さん同士で分け合うように、お酒とお料理を楽しんでいました。普通なら多少のクレームは出そうなところですが、ベースが善意で成り立っているお店ですから、多少の不都合はみなさん全く気にしていませんでした。むしろ、そんな混雑した雰囲気を楽しんでいるようでもありました。

写真 2014-06-24 20 16 00

お酒もお料理も、一期一会の出会いとなりますが、だからこそその時々に一緒になった人たちと、わずかながらも時間を共有する。そこに少しだけ被災地への想いものせて。

この復興バーは7月19日までの期間限定となっています。まだ間に合いますので、みなさんもぜひ訪れてみてください。

【アップデート】乾杯機能はお試しいただきましたか?

こんにちは! Sake女将です。

今日は日本酒新年ですね!「さけおめの日」として、各所でイベントも開催されるようです。

さてさて、そんな日ですから、みなさんも早速「乾杯!」でたくさんのSakenoteユーザーと繫がってみませんか?

操作は簡単。最新のSakenoteをダウンロード(もしくはアップデート)して、「みんなのライブ」を開いてください。
気に入ったお酒リストの右側にある、楽しく乾杯してる絵のアイコンを押してください。もうそれで、このデータのユーザーに「乾杯通知」が送られていますよ!

写真 2014-07-01 18 20 17 (1)

もちろん、ご自分のデータが乾杯されたら、通知が届きます。ちょっと楽しくなりましたよね?

さあ、もう夏酒が出回ってきました。Let’s KANPAI!!

【佐賀新聞】天山酒造の日本酒マスク、モニター募集中

こんにちは!Sake女将です。

今年の梅雨は、最初から大雨が多くて困ります。みなさんの地域はいかがですか?

実はSakenoteスタッフにとっても近しい佐賀のお酒からニュースです。

【佐賀新聞】「日本酒マスク」モニター募集 31日まで

日本酒というか、日本酒の酵母が肌にとても良いということはご存知かと思います。
佐賀でも一二を争う人気の「七田」の天山酒造さんから、日本酒を使ったフェイスマスク「うるおい日本酒マスク」を発売。
そのモニターを6月30日まで募集されているそうです。

女将はですね、お肌に貼るよりも飲んで内側から効能を実感するので、よいです。
あ、でも「日本酒女子会」には行きたいなー。応募しちゃおっかなー。

【Facebook】1000いいね!ありがとうございました!

こんばんは! Sake女将です。

突然の豪雨に、オフィスで足止めを食っている女将です。仕方がないのでビール飲んでます。

タイトルにも書きましたが、FacebookのSakenoteページが「1000いいね!」をいただきました!
これもSakenoteファンのみなさまのお陰と、感謝いたします次第です。本当にありがとうございました。

つきましては…という何かイベントを考えておりませんでしたが、何か考えます!どうぞお楽しみに!!

ということで、今後ともSakenoteをよろしくお願い申し上げます。

名称未設定

【ニュース】増やせ若者の日本酒ファン 能登で学生が酒米作りスタート(北陸新聞)

こんにちは! Sake女将です。

そろそろ田植えのシーズンが近づいてきたみたいですね。
酒米の山田錦が不足気味ということはよく聞きますが、酒米は山田錦だけじゃないのですよね。五百万石もいい味のお酒を作るお米です。

能登産のお酒を「米を作る」ところから学生が体験するプロジェクトが、石川県で始まったそうです。

「増やせ若者の日本酒ファン 能登で学生が酒米作りスタート」

日本酒そのものが、日本の誇るべき文化であるので、それを知識だけじゃなく体験で若い人に学習してもらうのは良いことですね。

【レポート】酒は未来を救う~今、私たちに出来ること~

こんにちは!Sake女将です。

連休も終わり、ちょっぴり寂しい気持ちになっていませんか?
夏日も増えてきましたし、キンと冷えた日本酒が美味しい季節になってきましたから、気持ちも新たに夏に向かいましょう!

とかいいつつ、春に行われた日本酒イベントのレポートをお送りします。
この日も初夏の暑さで、海が眩しかった!!

P4120016

<イベント概要>
「第6回 酒は未来を救う~今、私たちに出来ること~」

会 場 : 横浜 大さん橋ホール
        横浜市中区海岸通1-1-4 
        みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩7分
日 程 : 2014年4月12日(土)
時 間 : 受付13時~ 13時30分 開場 ~ 16時迄
会 費 : 3,500円(前売券)
主 催 : 特定非営利活動法人 酒は未来を救う会
       
寄付先 : 日本赤十字社東京都支部 がんの子供を守る会 あしなが育英会

< 参加蔵元 >

*清酒*
陸奥八仙 鳩正宗 阿櫻 新政 一白水成 阿部勘
天明 写楽 奈良萬 来福 大那 鳳凰美田 浅間山
尾瀬の雪どけ 屋守 いづみ橋 鶴鈴 遊穂 佐久の花
豊香 小左衛門 開運 七本槍 萩の露 玉川 播州一献
紀土 月山 富久長 賀茂金秀 天寶一 美和桜 
伊予賀儀屋 七田

*焼酎*
情け嶋 けいこうとなるも 無一物 豊永蔵 常徳屋 杜氏潤平
赤鹿毛 旭萬年 やきいも黒瀬 いも麹芋 小牧 蔵の師魂
軸屋 くじらのボトル 多良川

*日本ワイン*
株式会社エーデルワイン 高畠ワイン株式会社
有限会社タケダワイナリー 麻原酒造株式会社(越生ブリュワリー)
麻屋葡萄酒株式会社 勝沼醸造株式会社
シャトージュン株式会社 蒼龍葡萄酒株式会社
有限会社マルサン葡萄酒 株式会社くらむぼんワイン
塩山洋酒醸造株式会社 甲斐ワイナリー株式会社
株式会社甲府ワインポート アルプスワイン株式会社
株式会社ルミエール

今回のレポートは、Team Sakenote!のメンバーで、このイベントにスタッフとして参加されていた岩瀬裕美さんに寄稿していただきました!

—————————————————–
4月12日に横浜大さん橋ホールにて、チャリティ試飲会「酒は未来を救う~今、私たちに出来ること~」が開催されました。
2009年よりスタートし、今回で第6回目の開催となるイベント。

従来通りの普通の試飲会をするのではなく、売上の一部を日本赤十字社に寄付するという「チャリティ試飲会」。きっかけはある蔵元さんの寄付の話です。
商売をする者として、自分たちの利益だけを追求するのではなく、併せて社会に少しでも貢献できるような仕組みを作らなければならないと、考えました。
この会の最も重要な趣旨は、なによりも病気の子ども達や恵まれない子どもの寄付です。
また、この会を通じて日本の文化としての和酒の良さも広く取り上げられ、広く一般に美味しい和酒を伝播でき、イメージアップにも繋がればとも思っています。
この会が子どもの未来に繋がることで和酒の未来も明るくなればと思っています。
(酒は未来を救う会 ブログより抜粋)

このような思いの元、始まった会です。

趣旨のとおり、イベントの収益は必要経費を除いて日本赤十字社、財団法人がんの子供を守る会に寄付されます。
病気であったり、事情で片親であったり、様々な理由で苦しい状況にいる子ども達の未来が、好きなお酒が飲むことで救うことが出来る、そんな素敵なイベントです。

会場には種類の垣根なく清酒34蔵、焼酎15蔵、ワイナリー14社、計63社による和酒が集結。お酒にまつわる物販も加わり、とても賑やかな会場となりました。そんな横浜大さん橋ホールへ、開始と同時に多くの方にご来場いただき、終了の16時ギリギリまで来場者は絶えることなく、最終的に720名もの方にお越しいただきました。

P4120019

これだけの和酒が勢揃いしているイベントは珍しく、それぞれお目当ての蔵やワイナリーを回りつつも、普段は日本酒党の人もワインや焼酎も飲めてしまうのも楽しみの一つです。
わたしも第3回より来場者・ボランティアとして参加してきて、一番感じるのは和酒への関心の高まりです。イベントの規模・認知度が高くなったこともありますが、以前はもっとゆっくり蔵元さんと話しながら飲めていたのが、だんだんとブースを囲む人の輪が厚くなってきたように思います。これはとても嬉しいことだな~と、和酒好きとしてはしみじみと思うところです。
和食が世界文化遺産に登録されたこともあってか、外国人の来場者もちらほら見られました。今後もますます和酒への関心が高まっていくのではないかと思います。

また、会場内にはチャリティーブースも設置されています。その名も「タイガーマスク募金」。2011年東日本大震災後、「タイガーマスクになろう」という企画を立ち上げ、被災地の児童養護施設の新一年生へ入学祝いのプレゼントをするための募金です。募金1000円につき、蔵・ワイナリーさんからいただいたグッズ等をプレゼントもしています。また、会場内にはなんとタイガーマスクが!?一緒に写真を撮ったり握手をしたり、大人気でした。その甲斐もあってか、今年も多くのタイガーマスク募金が集まったようです。

それぞれの蔵・ワイナリーを回っていると、あっという間に終了です。
用意したお酒がイベント終了1時間前にはなくなってしまった!!という蔵もあり、注目・期待の高まりを感じました。
また来たい。またやりたい。そう思えるイベントが開催され続けることで、子どもの未来と和酒の未来が明るいことを願います。

—————————————————–

今回のレポートは、イベントの「中の人」目線で書いていただきました。いかがでしたでしょうか?

会場の様子ですが、レポート内にもあるように、本当に多くのお客様で一杯でした!
日本酒・焼酎・ワインという種類が並んでいましたが、やはり圧倒的に日本酒のブースに人気がありました。
普段から人気の銘柄はいっぱい出展されていましたが、中でも「新政」は本当に人気でした!こんな感じです。っていって、わかるでしょうか?会場全体が本当に混雑していたので、新政の行列だけ撮ってもあまり差がわからないかもしれません。

P4120023

それから、女将が感じたのは来場者の多くが若い人だったことです。他のイベントでも若い人が増えているようには思いますが、特にこのイベントには若い人が多い!そして自分たち流にイベントを楽しんでいる感じでした。お酒ブースを囲むようにフリーに使えるテーブルが置いてあったのですが、そこに思い思いのおつまみを持ち込んで日本酒を楽しむ姿は、まるで川原でバーベキューをやっている姿と同じようでした。
こうやって気軽に日本酒を楽しめるって、いいですね。

こんなふうに、銘柄幕のトートバッグを持って銘柄Tシャツ姿の方も…。

P4120030

【リリース情報】新機能「乾杯!」をお楽しみください!

こんにちは! Sake女将です。

もうアップデート通知を受けていらっしゃる方も多いかと思います。
iOS版にてVer2.2.0をリリースいたしました!(Android版はもう少しお待ちください)

今回の目玉は「乾杯!」機能の追加です。

これは「みんなのライブ」で、他ユーザーの投稿に対し「乾杯!」を通知して、その投稿(お酒)が気に入ったことを知らせることができるというものです。

今までは他ユーザーの投稿を閲覧するだけだったので、「これはいい!」と思ったことを伝えることができず(これをわたしたちは『片思い』と呼んでいました)悶々としていたことでしょう。

では、「乾杯!」の楽しみ方についてご説明します。

「乾杯!」する
<みんなのライブ>を表示します。
画面下のタブから「ライブ」を押します。すると最新から25件、他ユーザーの投稿が表示されます。

一覧から、自分が気に入った投稿を押します。

kanpai1

次の画面で投稿の詳細が表示されます。
画面左下の「乾杯する」を押すと、そのお酒に乾杯することができます。
押した後は、そのユーザーに「乾杯通知」が送られます。(「乾杯通知」の説明は後述)

写真 2014-04-23 17 46 08

同じ画面で「乾杯×2」のように右下に表示されています。
これを押すと、このお酒に「乾杯!」した他ユーザーの一覧が表示されます。
一覧からユーザー名を押すと、そのユーザーがこれまでライブに投稿したお酒の一覧が表示されます。

「乾杯!」されたら
<乾杯通知>を表示します。
画面下のタブから「乾杯通知」を押します。すると自分宛の「乾杯!」が、乾杯したユーザー毎に表示されています。(そのため、同じお酒が複数表示されることもあります)

一覧から、そのうちの1つを押します。

その後は「乾杯!」したときの詳細表示と同じように、他ユーザーの情報を閲覧することができます。

いかがですか?このように「乾杯!」機能は、乾杯したお酒の情報と同じように乾杯したユーザーの投稿が繫がって、自分の知らなかったお酒や、同じお酒好きの仲間を見つけることができます。

また、今はあえてコメント欄を付けていません。ユーザー間では「褒め合う」ことで美味しいお酒を盛り上げていただきたいので、ネガティブな発言でユーザー同士が対立するような仕組みは、当面見送ろうということで、今回は「乾杯!」だけとなりました。

ただですね、現状のライブ投稿コメントをみても、投稿でお酒をけなすような方がほとんど見受けられず、美味しくないと思ったお酒はきっと投稿されないのだろうな、という推測もありまして、不測の事態に備えられるような運用側の体制も含めた仕組みを整えられたら、「乾杯!」にもコメント機能を搭載しようかという検討も行っております。

日本酒好きのみなさんが、飲むだけじゃなく「繫がる」ことで楽しんでいただける、そんな日本酒メディアへの「はじめの一歩」です。これからも広がっていくSakenoteを、どうぞよろしくお願いいたします。

【イベント】米心ユーザー会、無事終了しました!

こんにちは!Sake女将です。

今年の桜もそろそろ終わりな東京ですが、みなさんのお住まいの地域はいかがでしょうか?お花見しましたか?

ご報告が遅くなりましたが、Sakenote主催の初イベント「米心ユーザー会」は、盛況のうち無事に終了いたしました。
イベントの内容については後日「Team Sakenote!」のメンバーからブログ記事としてレポートしていただく予定です。

今回はイベントの中で「先行発表」した情報がありますので、そちらについてご説明します。

<乾杯!機能の追加>
Sakenote「みんなのライブ」により、他ユーザーの投稿が閲覧できるようになっていますが、今度はその投稿に
「乾杯!」できる機能が追加になります。
この機能は、自分が気に入った投稿の「乾杯!」ボタンを押すことで、その投稿をしたユーザーに対して
あなたがその投稿を気に入ったことを知らせることができるというものです。
コメントはできませんが、その分、知らないユーザー間でも気軽にお酒を介して繫がることができます。
この機能は4月上旬にリリースする予定です。

<日本酒専門ニュース配信サイト Sake Pressオープン>
こちらは既にオープンしております。日本酒に関するニュースを集めた「Sake Press」(sakepress.com)の運営を開始します。
酒造メーカーや酒造組合を始め、日本酒のイベントや大手居酒屋などのプレス リリースを集め、日本酒情報として質の高いニュースを発信します。

<日本酒メディアとしてのSakenoteを創ります>
アプリを介して多くの日本酒ファンと繫がることができたわたしたちは、もっ と日本酒を楽しんでいただけるよう、日本酒に関わる全ての人が繋がれる「場 づくり」をしたいと考えるようになりました。
Sakenote というアプリは、日本酒ファンにとって「Sakenote ワールドへの入 り口」として使っていただき、以下のような機能へのインターフェースとして 位置づけるようにしたいと思います。
・「日本酒が美味しいお店」からのダイレクトな情報を得られる「居酒屋情報」
・気に入ったお酒をすぐに注文できる「酒造情報」
・売れ筋や新商品の情報も得られる「酒販店情報」

ファンのみなさまへ

また、今後多くの情報発信をしていく上で、開発チームだけではカバーしきれない分野も多々あると思います。そこで、日本酒好きのユーザーさん有志から、Sakenoteワールドを一緒に創ってくれるメンバーを募っています。それが「Team Sakenote!」です。
メンバーにお願いすることは、ブログ記事の作成やイベント出展時の運営スタッフ、様々な企画提案など多岐に渡ります。
Team Sakenote!メンバーの募集は折に触れ実施する予定です。我こそは!と思うユーザーさんは、ぜひお問い合わせください。

アプリからメディアへ成長するこれからのSakenoteを、どうぞよろしくお願いいたします!